« LTE Xperia | トップページ | Raspberry PI購入 »

初代XperiaのOSを2.3に

xp-top次に購入するスマートフォンの目処に立ったことだし、ついに初代Xperia君をOS2.3にすることにしました。
方法はいろいろ情報があるので困らないと思いますがちょっと丁寧に書いておきます。もちろん、自己責任で行ってくださいね。

準備するもの

今回はファームとしてThgo2を利用させていただきました。作者の方、ありがとうございます。

  • Thgo2 v17.0b OS本体です
  • X10i_3.0.1.G.0.75_only kernel_baseband.zip ベースバンド .71
  • xRecovery ブートメニューのようなもの
  • FlashTool 焼き込み用ツール。 ver0.7.1.0を利用
  • Sony公式ツール Windowsドライバが入っています。いざというとき戻すためにも・・・
  • PCとXperiaをつなぐUSBケーブル
  • microSDメモリカード、2~4GBぐらい空きがある方がいいです。
  • PC(今回はWindows)

手順の確認

何をしているのか理解するためにさきに手順を記載します。

  1. アプリ関連バックアップ、Thgo2をSDカードへ
  2. root奪取
  3. ブートメニューインストール(xRecovery)
  4. システムバックアップ
  5. フルワイプ(完全初期化)
  6. OS2.3導入
  7. ベースバンド焼き込み
  8. 再起動

1.アプリ関連バックアップとThgo2をSDカードへ保存

自身が使われているアプリのデータをSDカードにバックアップしてください。わたしは電話帳(GoogleDocs上にもあるが念のため)、SPモードメールの受信メール、APNぐらいしかやりませんでしたがまっさらになりますのでブックマークや他にもバックアップしたいものをSDメモリに待避させてください。

また、SDカードにダウンロードしたThgo2のzipファイルをコピーしておいてください。場所はどこでもいいですが分かりやすいところにしておきましょう。

2.root奪取

つぎにOSを入れ替えるために特権モードを取得します。root奪取済みの場合は飛ばしてください。
これはFlashToolを利用します。FlashToolsはJVMを利用しているのでJavaが必要と記載されているところもありますが配布物の中にJVMが含まれているのでJavaがインストールされていなくても動作すると思います。

Xperia-Tool5

FlashToolを立ち上げたあと、XperiaをUSB接続しUSBデバッグを有効にしてください。もしドライバが入っていないという赤いメッセージが表示された場合はSony公式ツール(Update_Service_Setup)を先にインストールしてください。

正常に認識されたらFlashToolsで「Root」ボタン(左から2つめの鍵アイコン)を押すとrootを取ってくれます。Xperiaが再起動して「Root should be available after reboot!」と表示されていれば成功。

続いて「Ask Root Perms」ボタン(左から3つめ)をクリック。Xperia側に「Superuserリクエスト」が表示されるので「許可」をタップすれば完了です。

3.ブートメニューインストール(xRecovery)

つぎにPCでいうところのBIOSメニューのようなものを入れます。このxRecoveryをいれるとXperiaの電源On時に戻るボタンを押すことで起動オプションに入ることが出来るようになり、システムバックアップやOSインストール、フルワイプが出来るようになります。

最新のFlashTOolを使っている場合は以下の「ここから~ここまで」の事前準備は不用のはずです。ダウンロードしたFlashTool内にxRecoveryが準備されているはず。

----ここから----
まずダウンロードしたxRecovery_0.3_GBready.zipからイメージを取り出すため xRecovery_0.3_GBready.zipを適当なツールで展開します。
そのなかにある/system/recovery/xrecovery.tarをgzipで圧縮してxrecovery.tar.gzを得る。
これをFlashToolをインストールしたフォルダ(通常c:\FlashTools)のfirmwaresフォルダに入れます。
----ここまで----

FlashToolにもどり、Recovery Installer(右から2つめ)をクリック。0.3GBを選択して実行してください。
ちなみに0.3はバージョン番号、GBはAndroid2.3(開発コードネームGingerbread)のことだと思います。

「Recovery successfully installed」と表示されれば成功です。

- INFO  - Device connected with USB debugging on
- INFO  - Connected device : X10
- INFO  - Installed version of busybox : BusyBox v1.19.0 (2011-08-14 23:46:58 CDT) multi-call binary.
- INFO  - Android version : 2.1-update1 / kernel version : 2.6.29
- INFO  - Root Access Allowed
- INFO  - Installing Recovery to device...
- INFO  - Remounting system read-write
- INFO  - Installing chargemon feature / kernel bootkit to device...
- INFO  - Remounting system read-write
- INFO  - Pushing C:\Flashtool\.\devices\X10\bootkit\bootkit.tar to /data/local/tmp
- INFO  - Running installbootkit  as root thru sysrun
- INFO  - bootkit successfully installed
- INFO  - Pushing C:\Flashtool\.\devices\X10\recovery\0.3GB\recovery.tar to /data/local/tmp/recovery.tar
- INFO  - Running installrecovery  as root thru sysrun
- INFO  - Recovery successfully installed

4.システムバックアップ

xRecoveryのインストールが完了したら再起動します。いちど普通に再起動できることを確認してもいいかもしれません。

正常であることが確認できたら再起動中、ソニエリの白色ロゴが出ているところで「戻るボタン」(←ボタン)を連打します。

xp-sonyelc

通知LEDが青→緑になればAndroidが起動せずに以下のようなxRecoveryの画面が起動するはずです。

xp-bootmenu

ここでは以下のメニューが使えるようになっていると思います

    - Reboot phone(携帯電話をリブート)
    - Install update.zip from SD Card(OSをzipファイルからインストール)
    - Factory reset (full wipe) (工場出荷状態に戻す)
    - Wipe cache partition (キャッシュをクリアする)
    - Install custom zip (カスタムROMをインストール)
    - Backup and restore (バックアップ・復元)
    - partition tools (パーティションツール)
    - Advanced options (高度なオプション)

このなかから「Backup and restore 」を選択して現在のシステムをSDカードにバックアップしてください。SDカードには2GBぐらい空き容量があれば大丈夫だと思います。30分ぐらいかかったと思いますが、フルワイプをする前にやっておきたいところです。

5.フルワイプ(完全初期化)

おなじくxRecoveryの画面で完全消去をします。実行する前に「Thgo2をSDメモリ内にコピーしておいてある」「システムバックアップをした」「充電が十分、もしくは充電器に接続」していることを確認してください。

大丈夫だったら以下のメニューを順次実行してください

  1. – Factory reset (full wipe) → Yes
  2. – Wipe cache partition → Yes
  3. – Advanced options → Wipe Dalvik Cache
  4. – Advanced options → Wipe Battery Stats

4つのwipeが終われば完了です。

OS2.3導入

引き続き、Thgo2をインストールします。xRecoveryのメニューから「Install custom zip」を選択します。

Choose custom zip from sdcardとなりますのでSDメモリに保存しておいた「ThGo2 ~.zip」を選択してください。インストールが完了すると、

「install from sdcard complete.」

と表示されます。

この表示がでたらリブートせずにXperiaの本体バッテリーを外してください。バッテリーを外すことで電源を落とします。(重要)

ベースバンド焼き込み

ベースバンドを焼き込みます。

  1. Xperiaはバッテリーを外し、PCと接続させず、USB接続する準備だけします。
  2. PCでFlashToolを起動します。
  3. FlashToolのFlashボタンを押します(Xperiaは電源を落としたまま)。ファイルを選択するようになるのでX10i_3.0.1.G.0.75_only kernel_baseband.ftfを選択、OKを押します。
  4. FlashTool側でアニメーションガイドが始まります。画面の通りに行います。
  5. Xperia本体バッテリーを外した状態でUSBケーブル接続
  6. Xperia本体の戻るボタン(←ボタン)を押したままバッテリーを入れます。するとすぐにFlashToolが反応し焼き込み(Flash)を開始します。
    FlashToolで「turn on Unknown Sources and Debugging」と表示が出ればOK。
  7. USBケーブルを抜きXperiaの電源ボタンを押して起動させる。

再起動・終了

これで再起動すれば完了です。最初の起動は時間がかかるのでゆっくり待ちましょう。

 

(参考)失敗したら・・・

失敗したら(よく文鎮化と言われてますが)Sony純正ツールで元に戻しましょう。

すでにdocomoでは配布していないので

http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/list/so01b/pc/index.html

からSonyのページへのリンクを探すか

http://www.sonymobile.co.jp/support/software/updateservice/

からツールをダウンロードしてください。

|

« LTE Xperia | トップページ | Raspberry PI購入 »

Xperia/Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/54696693

この記事へのトラックバック一覧です: 初代XperiaのOSを2.3に:

» WebApplicationMakerライトパッケージ :: 例えスマホを持っていなくても、このツールさえあれば簡単にスマホビジネスに簡単参入!webアプリというブルーオーシャンを一気に開拓! [WebApplicationMakerライトパッケージ :: 例えスマホを持っていなくても、このツールさえあれば簡単にスマホビジネスに簡単参入!webアプリというブルーオーシャンを一気に開拓!]
オーソドックスな全15種類の情報取得元から1つのアプリについて3つのサイトを選択し検索アプリを生成! [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 21時00分

« LTE Xperia | トップページ | Raspberry PI購入 »