« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

VisualStudio2010のエディタを軽い動作に

VS2010を非力なマシンで動作させるとかなりのストレスです。とくにATOMマシンはエディタ部がデフォルト設定の場合、プログラミングに支障が出るほどもっさり感があります。

これを速くするにはオプションメニューの環境で

  • クライアントのパフォーマンスに基づいて視覚的効果を自動的に調整する
  • リッチクライアントの視覚的効果を有効にする
  • 可能ならハードウェアのグラフィックスアクセラレータを使用する

この3つのチェックを外すと幸せになります。(GPUが十分に速い場合は効果がないと思います)

image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VisualStudio2010に移行

vs2010top 今更ですが開発環境をVisualStudio2005から2010に本格的に移行を始めました。動作の軽快さは2005の方が高い(atomマシンでも問題なく動作するのは2005)なのですがC#2.0からC#4.0の言語仕様の差(快適さ)が移行のポイントでした。

続きを読む "VisualStudio2010に移行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »