« 前原国交相の対応と民主党のマニフェストを思う | トップページ | ドル円90円突破と内需拡大政策 »

マスコミを憂う

4年前、小泉政権を「小泉劇場」と揶揄してきたマスコミ、今こそマスコミ主導の「鳩山劇場」に見える。

【鳩山政権】 閣僚の発言する言葉の歯切れのよいことに驚く 少なくともいまは聞くのが楽しくてならない - 47トピックス(このリンクが存在し続けるのか分かりませんが)

国連での演説に世界が拍手喝采、25%万歳、ファーストレディの友愛外交、こんな報道しているのは日本ぐらいじゃないのか?

CO2削減25%の報道番組を見たときはこれで太陽電池がたくさん売れて景気回復、的な番組まであって幻滅でしたよ。

別に民主党(の政策)が悪いとはいわない、むしろ期待している。

だが「試行錯誤の中で失敗することもあろうかと思うが、国民には寛容であってほしい」という就任挨拶を100%の出来と紹介するのはいかがなものか?
1億2千万人全員のトップについてそんな表明をするなんて私には信じがたいのだけど。自分たちの失敗が国益を損なうという自覚と責任が無いと見える。

まだ就任直後と言うことでご祝儀モードなメディアもあるかもしれないが、一通り社説を読んでまともそうなのが読売ぐらい、あまりにひどいので書いてみました。

|

« 前原国交相の対応と民主党のマニフェストを思う | トップページ | ドル円90円突破と内需拡大政策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/46303413

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミを憂う:

« 前原国交相の対応と民主党のマニフェストを思う | トップページ | ドル円90円突破と内需拡大政策 »