« マスコミを憂う | トップページ | 舛添氏に教え請うたらしい長妻厚労相 »

ドル円90円突破と内需拡大政策

ついにNY市場で90円を再突破しましたね。

NY外為(午前):円上昇、1時90円突破-日本が市場介入に反対姿勢

FXを1年ぐらい前までやっていたため毎朝為替ニュースメールを見る癖がついていますがメールによると今日の予想は90.80~91円半ばぐらいでした。外れましたね。

「円安政策とらない」藤井財務相、米に約束(読売新聞)

この発言はかなり効いていますね。藤井財務相は大蔵出身ですから自身の発言が為替に影響があることを承知で言っている確信犯でしょう。

おそらくFXをやっている方は分かっていると思いますが、これまでこの手の発言は政府関係筋は避けていたはずです。そもそも為替市場に介入していると事実自体を否定していたはずです。それをわざわざ言って自国のカードを減らす必要もないのではないかと思うわけです。これが「友愛外交」なのかもしれませんが戦前から外交下手な日本がこの方針で大丈夫なんでしょうか。

藤井財務相は内需拡大方針ということですが、これから環境対策をしていこうとしているわけでしょう?大量生産大量消費は忌みするところでしょう。

今はモノが売れない時代なのは景気が悪いだけではなくみなが何となく大量消費への罪悪感や問題点に気がついてきているからでしょう。

いい物を長く使う、そういう社会を目指し世界に発信すべきなんじゃないでしょうか?

|

« マスコミを憂う | トップページ | 舛添氏に教え請うたらしい長妻厚労相 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/46311643

この記事へのトラックバック一覧です: ドル円90円突破と内需拡大政策:

« マスコミを憂う | トップページ | 舛添氏に教え請うたらしい長妻厚労相 »