« Windows7の環境を整える(3) 開発ツール | トップページ | 今年の夏の雨 »

Windows7の暗号化(BitLocker To Go)を試してみる

bitlocker6

私はUSBメモリや外付けHDDをたくさん持っています。ほとんど暗号化していませんがもしものことを考えると暗号化したいとも思います。

TrueCryptは大昔から使っていますがどうも常用するに足りない。もしものときの信頼性が分からないのです。

できればハードウェアかOS標準的な機能で対応できればいいのだがと思っていたらWindows7で暗号化機能がバージョンアップ、”BitLocker To Go”は外付けHDDやUSBメモリに対しても暗号化できるようになったようです!!

早速1GBのUSBメモリで試してみます。
エクスプローラでUSBメモリを右クリックすると"BitLockerを有効にする"が現れます。
bitlocker0 

これを選択するとウィザード形式でこのUSBメモリそのものを暗号化してくれます。bitlocker

ロック方法を選択します。普通はパスワードですね。
 bitlocker2

回復キーがあるとパスワードを忘れたときに対応できるらしい。
bitlocker3

設定はここまで。
暗号化の開始でドライブ(USBメモリ)を暗号化していきます。 bitlocker4 

暗号化には10分ほどかかりました。
もともとUSBには950MBほどデータが入っていましたのでデータがないともっと速いのかもしれません。
bitlocker5

 

早速Windows7に挿しなおしてみます。

bitlocker7

こんな感じでリムーバブルディスクに鍵マークがついています。
これを開こうとすると
bitlocker8

とパスワードを聞かれます。
正しいパスワードを入力するとあとは何事もなかったかのように使えます。暗号化にかかる時間も気になりません。

ではWindowsXPでこのUSBメモリはどうなるのか、というと

BitLockerXP1

このFドライブが暗号化したUSBメモリです。開くと普通に開けます。

BitLockerXP2

しかし中身はBitLocker解読ソフトとファイル名から推測できないファイルだらけ。おそらく中にあったファイルがファイル名ごと暗号化されていると推測されます。

ではUSBメモリに入ったBitLockerソフトを起動するとパスワードを聞かれ正しい場合は1つウィンドウが開きます。

BitLockerXP3 

パスワードを正しく入力するとエクスプローラ風のアプリが立ち上がります。

BitLockerXP4

しかしエクスプローラの表示は先ほどのまま。シェル統合は出来ないということですね。

このアプリの中のファイルは直接は参照できず、必ずPCにコピーしてから使う形になります。またUSBメモリにファイルを保存することも出来ません。

BitLockerXP5

BitLockerXP6

残念です・・・。ポータビリティの問題は大きいですね。 また、PCにコピーしないといけないのはかなりの減点です。
全てがWindows7以上になったとき真価を発揮できるのでしょうが。

ということでこれを発注してしまいました。ハードウェア暗号機能付き外付けHDD。

|

« Windows7の環境を整える(3) 開発ツール | トップページ | 今年の夏の雨 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/45929830

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7の暗号化(BitLocker To Go)を試してみる:

« Windows7の環境を整える(3) 開発ツール | トップページ | 今年の夏の雨 »