« bin+cueファイルをisoに | トップページ | Windows7の暗号化(BitLocker To Go)を試してみる »

Windows7の環境を整える(3) 開発ツール

今回はExpressBlend2とVisualStudio2008 ExpressEditionを入れてみました。
問題ないので略。SQLは入れませんでした。
Windows7はもともと.NetFramework3.5搭載なので2008SP1とは相性はいいのだと思います。

そういえばWindows7日本語版も開発者向けに提供になったようですね。

毎回思うのはマイクロソフトの開発者への優遇措置、囲い込みはかなり有用な戦略だと思います。特に感じるのはゲーム関連。XBOXなんて開発する気はさらさら無い人もDirectXなどPCで培った技術がそのままゲーム機に生かせる。開発環境も整っている。ライブラリも使える。

これはWiiやPS3にはないかなりのアドバンテージです。PS3なんかは小さなメーカが参入するにはもう敷居が高すぎるでしょうね。ところがXBOXはそうではない。プラットフォーム戦略は日本メーカよりずっと上ですね。

Windows7も同様に一般販売されることには各種ソフトウェアの対応も終わっていることでしょう。日本メーカはソフトウェア戦略の必要性に気がつかないとやばいですよ。

|

« bin+cueファイルをisoに | トップページ | Windows7の暗号化(BitLocker To Go)を試してみる »

ソフトウェア・開発」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/45912442

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7の環境を整える(3) 開発ツール:

« bin+cueファイルをisoに | トップページ | Windows7の暗号化(BitLocker To Go)を試してみる »