« VAIO typePにWindows7RC版をインストール | トップページ | ISOファイル用結合ソフトconcatアップデート »

VirtualPC betaをWindows7で試す

vpc-xp3

見逃せないWindows7の機能としてVirtualPC Betaがある。
この新VirtualPCは待望のUSBサポートがあるらしい。パフォーマンスも気になりますね。

早速試してみました。
ソフトをいくつか作らなければならないのに・・・あぁ

Windows7RC標準状態ではVirtualPC Betaは入っていないのでまずはダウンロード。

technet

下2つが噂のXPmode。真ん中の2つがVirtualPC Beta。やけに小さい。

これをWindows7RCにインストールすると、

startmenu

というようにスターとメニューに現れる。この「仮想マシン」はフォルダになっていて今まででいうところの「MyVirtualMachines」フォルダ相当だ。

ここにVirtualPC2007で作ったMS-DOS6.2のイメージを入れて起動させてみるとあっさり動作。

vpc-msdos

いままで「VirtualMachineコンソール」にあった操作、ツールといったメニューがウィンドウにくっついている。コンソールはない。

あまりに簡単に動いてしまったので早速XPを起動。まだMicrosoftの例のXPイメージがダウンロードできていないので手持ちのXPイメージ(VirtualPC2007で作成)を動作させてみた。

vpc-xp1

あれ??すぐには起動せず、なにか行っているみたい。

vpc-xp2 

と思ったら失敗。このXPイメージはnLiteで最小化しているので問題あるのかも。とりあえず先に進みます。

vpc-xp3

おー、問題なく起動。さらに新しいデバイスも見つかっているみたい。ちなみに「ツール」メニューを開くとおなじみの画面が出ます。

vpc-xp4

見慣れない「自動公開」なるメニューがあります。これはXPmodeで使うのでしょう。vpc-xp5

同じくツールメニューに統合コンポーネントのインストールというメニューがあるので実施。おそらくCDイメージを自動マウントしてautorunさせている。

vpc-xp6 

インストールして完了するといつも通りの画面?

vpc-xp9

いえ、メニューにUSBが追加されています!!!

vpc-xp13

早速USBハードディスクを接続すると、「USB大容量記憶装置デバイス」として認識、本当に普通のUSBデバイスとして動作します。ホスト側のWindows7RC側もなにやらデバイスドライバのインストールが始まりますが自動で終わるのでとりあえず無視。

vpc-xp14

あとは気になる「Rail QFE」をインストール。これはWindows7にインストールするのではなくゲストであるXPにインストールするパッチ。

vpc-xp10

これで何が起こるのかは不明。説明によれば自前のWindowsXP SP3イメージには必須のようなのでインストール。

RAILQFE

気になるパフォーマンスですが、普通のVirtualPCです。はい。このあたりは次回にさせてください。

|

« VAIO typePにWindows7RC版をインストール | トップページ | ISOファイル用結合ソフトconcatアップデート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/44901920

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualPC betaをWindows7で試す:

« VAIO typePにWindows7RC版をインストール | トップページ | ISOファイル用結合ソフトconcatアップデート »