« Eee KeyBoardとJR200/PC6001とテレビ | トップページ | VirtualPC betaをWindows7で試す »

VAIO typePにWindows7RC版をインストール

インストールしました。

IMG_2298top

それにしても今回のRC版ダウンロードはかなり時間がかかりました。
まじめにMSからダウンロードしたので深夜から翌日の夕方まで半日以上。torrentで取っても良かったんですが正規会員なのになんか悔しくて。

今回はVAIO TypePをまっさらにしてインストールすることに。プレインストールVistaはさようならです。
といってもサヨナラする前に重要なモノだけはバックアップ。リカバリーディスクはもちろん必須。Windows7をインストールする上でもドライバとSONY謹製ソフトはバックアップしておかないと痛い目に遭いそうな気がします。

  • C:\windows\drivers\
  • C:\Program Files\SONY\VAIO Recovery

この2つのフォルダだけは別に取っておいた方がいいです。

 

インストール作業は相変わらず簡単。

IMG_2292install

外付けUSB-CDドライブでおよそ30分ぐらい。インストール中に無線LANは使えるようになりインストール直後にWindowsUpdate、ディスプレイも無事1680x768で表示可能になる。

windowsupdate

不明なデバイスは1つだけ。

私のTypePはBlueToothとWebカメラ(MotionEye)ぐらいがカスタマイズで選んだモノですのでワンセグやWWANはどうなるか分かりません。

unknown-dev

ここでバックアップしておいたファイルを使います。右クリックで「ドライバーソフトウェアの更新」。下の選択肢「コンピューターを参照して~」を選びます。

unknwondev2

保存しておいた「Windows\Drivers」を指定して検索を掛けると、

unknwondev3

unknwondev4

無事「Sony Firmware Extension Parser Device」が見つかりました。何をするデバイスかよく分かりません。

「不明なデバイス」無しのデバイスマネージャー完全版はこちらの通り

vaiop-devman-win7

ちなみにTypePでもWindows7RC版ではAeroが有効に出来ます。ウィンドウ枠が半透明になっています。

w7aero

ただし残念ですが実用に耐えません。ウィンドウの移動がつらい。これはファンレスでCPU、GPUが弱いマシンである限りしょうがないですね。ちなみに半透明をやめればAeroでも問題ありません。

perfman

 

壁紙はいろんなモノが入ってますね。

w7basic

あとはVAIO特有ソフトを好みに応じて入れます。
このままではFnキー+LED明るさ調整などが出来ないのでバックアップしたVAIOツールを適時入れればOK。

1時間ほど触った感想はVistaより良い状態です。ソフトがほとんど入っていないため精神衛生上もいい。新規インストールは自分色に染められる気持ちよさもあります。

これからTypePを買う人はメモリに注意。起動直後にメモリ1GBちょっと使った後、600MBぐらいまで落ちることがありますので、メモリは1GB以上、2GB欲しいですね。

|

« Eee KeyBoardとJR200/PC6001とテレビ | トップページ | VirtualPC betaをWindows7で試す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/44873548

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO typePにWindows7RC版をインストール:

« Eee KeyBoardとJR200/PC6001とテレビ | トップページ | VirtualPC betaをWindows7で試す »