« 「テレビのこれから 日本のこれから」を見て | トップページ | Windows7 RC版 »

今後のブラウザ競争

IEのシェアが確実に減っているらしい。FireFoxはもちろんだがChromeの影響も大きい。Google Chrome、確かに速い。

ただ、今後のブラウザ競争のポイントはレンダリングエンジンのマルチプラットフォーム化だと感じる。すでに開発者にとってブラウザはプラットフォーム化している。すべてのブラウザに自分のWebアプリを対応させるのはかなり苦痛だ。このプラットフォームをPC以外のどこまで広げられるか、それが今後の優劣を決めると思う。

IE(Trident)は企業内では確実でしょう。IE以外に対応させるメリットがユーザ・開発者ともに見いだせない。ただWindows以外のプラットフォーム戦略は難しい。WindowsMobileやEmbeddedは今のところ世の中(日本かな)の趨勢とはちょっと外れているだろうからこれからのMicrosoftがどうでるかは注目か。

Firefox(Gecko)はLinux系ではほぼいいシェアをとれるはず。ただ結構うるさいので(DebianではFirefoxは別名になっている)実際Linuxをプラットフォームにしたモバイル機器でFirefoxを売りにしているモノは少ない。実はPC以外への進出は難しい?

ChromeやSafari(Webkit)はすでにAndroidやiPhoneに組み込まれている。今後もっとも有望。AppleやGoogleはこういう事が非常にうまいね。

NetFrontはどうなんだろう。PSPやDS、携帯電話、Palmなど組み込み機器系に多く採用されてきたがあまり評判良くないよね。ITRON上で動くのは非常に評価できるけど、いま舵を切らないとぐっとシェアを落とすかもしれない。

いまのところはWebKit優勢。1年後はどうなっているんでしょう。

|

« 「テレビのこれから 日本のこれから」を見て | トップページ | Windows7 RC版 »

ソフトウェア・開発」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/44716110

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のブラウザ競争:

« 「テレビのこれから 日本のこれから」を見て | トップページ | Windows7 RC版 »