« スバル レガシィコンセプト | トップページ | VAIO Type P用のマウスはBlueTooth »

韓国を「漁場」としか見ていない任天堂 ??

朝鮮日報から記事引用 http://www.chosunonline.com/news/20090303000035 

李明博(イ・ミョンバク)大統領が最近、「見習うべき企業」と絶賛した日本のゲーム会社「任天堂」が、韓国に奇襲攻撃を仕掛けました。任天堂は最近、韓国を中国やメキシコなどともに、「違法コピーが横行している国」として、米国通商代表部(USTR)に報告したのです。残念ながらこれは、事実に反するものではありません。

韓国の小学生たちが持ち歩いている携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の多くに、違法コピーされたゲームソフトが使用されているからです。

しかし、任天堂の今回の措置は、韓国を無視した不当な仕打ちだという指摘が出ています。

(中略)

ところが、それから2年が過ぎた今、任天堂が韓国にもたらしたものといえば、「小学生のゲーム中毒」だけです。記者の周りにも、小学生の子どもの「ゲーム中毒」に悩む親たちがたくさんいます。しかし任天堂は「自己責任だ」として積極的な対応はしていません。「ゲーム中毒」が増えるということは、それだけゲーム機が売れているということを意味し、任天堂にとっては大きな利益になります。韓国へ進出して以来、違法コピーの問題に対して見て見ぬふりをしてきたのも、ゲーム機を売り込むためだ、という声も出ています。(以下略)

このむちゃくちゃな論理は何だろう?

自国内はコピーだらけでありながらお前が悪い、と指摘できる頭の構造が分からない。

そもそもゲーム機はソフトを売って利益を回収するモデルである。ハードが売れればいいだろというこの記者&新聞はメディア失格。

|

« スバル レガシィコンセプト | トップページ | VAIO Type P用のマウスはBlueTooth »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/44306058

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国を「漁場」としか見ていない任天堂 ??:

« スバル レガシィコンセプト | トップページ | VAIO Type P用のマウスはBlueTooth »