« VAIO TypeP到着 | トップページ | Type PをVistaのまま頑張る(ソフトウェア編) »

VAIO typeP 使い心地(ハードウェア編)

IMG_2118top

VAIO typePが届いてからおよそ一日、カスタマイズを終えると、かなりいい。

今回購入したのはSonyStyleでCPUを最上級のAtom Z540、SSD64GB、Bluetooth、WebCam有りのホワイト。

ではモノ(ハードウェア)としてのレビューでも・・・

デザイン、重量

IMG_2119AC もちろん良い。600gは持ち運び用に常用していたThinkpadX31より1kgも軽い。

驚いたのはACアダプタ。こんなに小さく、軽いとは・・・。これなら一緒に持ち運べる。

LCDパネルはラッチがないMacから始まった最近のもの。

いくつかレビューされているとおり蝶番?の力具合が絶妙に出来ていると思う。LCDを閉じるときも適度な力で閉じてくれる。

これだけデザインがいいと一緒に使うマウスその他も気を使う。モバイル用Bluetoothマウスでいい物が出ないかなぁ。

動作

CPUを一番良い物にしたおかげでそんなに動作がとろいとは感じない。Webをみたりテキストを売ったりしている分には何の問題もない。ただし画面エフェクト周りVista標準ではつらいのが見え見え。スクリーンセーバーなどもCore2Duoではすいすい動く物がそう簡単には動かない。

あとはVistaをどうカスタマイズしどう使うかの問題。Webやテキストを打つ分には問題ないので

熱、騒音

問題ないレベル。SSDだしファンもないので騒音も無し。持っていると熱くなっているのは分かるがほんわり程度。

画面、液晶

あきらかにTN液晶の視野角。グレア(つるてか)処理もあまり好きではないのだが気にならないのは画面が物理的に小さいせいかもしれない。

解像度は1600x768。これだけ横に広い(倍以上)と「2つに並べて表示」ボタンも生きてくる。

最初は標準的な解像度(96dpi)で作業をしていた。ほかのPCと作業を交互にやっているとさすがに小さく感じるが単独で触る分には問題ないと思っていた。が、ふと120dpiに切り替えてみたところ格段にいい。文字の大きさもさることながらアンチエイリアスされた文字がきれいになって見えるのがとても良い。ソフトによっては(特にSONY製)120dpiを考慮できていないが常用するなら120dpiにすべき。120dpiにすると縦方向方の解像度がもう少し欲しいという気持ちが出てくる。

キーボード、スティックポインタ

IMG_2122keyboard キーボードは最近のVAIO同様1つ1つのキーの間が離れているタイプ。JR-200ユーザだった私は20年前にタイムスリップした気分。

キータッチは最初は「これは駄目か?」と思ったが外出先でテキストを売ってみたところすんなりブラインドタッチは出来るようになった。ただ残念なのはスペースキーの短さとページアップ/ダウンがFnキー併用なこと。ボリュームも別ボタンで欲しかった。

マウスボタンの右隣にある2つのボタン。画面を左右に並べる(Vistaの標準機能)とクロスバー(もしくはインスタントモード)用だがこんなところにある必要がない。押しづらい。ぜひキーボード上部に移動させて欲しい。

スティックポインタ。普段からThinkpadを使っている私は操作自体の違和感はないのだが、ドライバの出来が今一歩。まずスティックを押す動作はどうしようもないので速攻Off。これは別に気にしない。だがどうしようもないのは傾き検出。Thinkpadでは大きく(力を込めて)動かすとポインタが素早く、加速度を上げて動作する。これがとても人間の心理にマッチしているのだがtype Pのスティックはどんなに力を入れても一定速度。こればかりはイライラ感がつのる。もしかしたら傾き具合を検出できないスティックなのかもしれないが是非改善して欲しい。

マウスボタンは3ボタンでThinkPad同様真ん中がスクロール。基本的にこれでOKだがクリック感が好きではない。デジタルにOn/Offすぎるストローク。もう少しストロークがあっても良い気がする。

電源ボタン、無線スイッチ

IMG_2105Power

スライド式の電源ボタンだが位置が悪い。この位置だと不用意に触ってしまう。キーボード上部に押ボタンが欲しい。無線のSWもスライド式だがこちらはOn/Offスイッチなのでまだ大丈夫。

 

 

インターフェース、バッテリー

IMG_2106Slot

このサイズでUSBが2つあるのは立派。必要十分。そしてメモリスロットもSDとMS両方ある。スピーカから出る音は・・・まあしょうがないでしょう。一応ステレオだし(ThinkpadX31はモノラル)。

バッテリーは正直もう少し持って欲しかったが3時間程度は持つ。途中USB機器をつないだり無線LANがんがん使ったせいもあるが。エタノールなどを使った燃料電池や乾電池が使えるようになるとよいかもしれない。そう思える小ささ。

 

最後に。IMG_2101top2

購入するときはAtom Z540とSSDをおすすめします。1.8インチのHDDの遅さを知らない人はとくに。CPUを選ぶにはSonyStyleで購入するしかないですがSonyStyleは実売とあまり変わらないので特に問題ないと思います。

ちなみに
無線LANのチェックとバッテリーの持ち具合を見ようとお気に入りのパスタやさんでtypePを使っていたら店員(女の子)に「ちっちゃい!!それって普通に動くパソコンですか?」??という質問。

「あ、ポケットに入るあれですね!」と言ってきたのでなかなか一般の人にもVAIO Type Pの注目度は高い。周りの客もチラチラみているし。やはりデザインも性能である。でも動作速度を気にしているみたいだから結構詳しい娘さんかもしれない・・・。

|

« VAIO TypeP到着 | トップページ | Type PをVistaのまま頑張る(ソフトウェア編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/43925321

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO typeP 使い心地(ハードウェア編):

« VAIO TypeP到着 | トップページ | Type PをVistaのまま頑張る(ソフトウェア編) »