« VAIO typeP 使い心地(ハードウェア編) | トップページ | 支持率 »

Type PをVistaのまま頑張る(ソフトウェア編)

VAIO TypePでみんな気になることはOSがVistaということ。

だがある程度カスタマイズして使ってみると遅いとは感じない。むしろXPよりVistaの方がフォントの解像度が(ある程度)まともに変えられる分マシだと思う。その点ではWindows7のほうがさらに上ではあるけど。

ということでTypePでVistaを快適に使う方法について私なりの見解を書いてみます(以下長文となる予定)。

私の利用用途は外出先で

  • Web閲覧
  • 溜めておいたテキスト系の記事を読む
  • アイデアメモの記録(忘れっぽい)
  • そして簡単なプログラミング(VisualStudio)

ができればよい。なのでコンセプトは「バッテリー駆動時間を長く」「軽快な動作」となる。では簡単なところからどんどん書いてみる。これでかなり満足度が上がりました。

 

デフラグ

SSDにデフラグは必要なし。スケジューリングされているのでタスクを削除します。Cドライブのプロパティの[ツール]タブ[最適化]で[スケジュールに従って実行する(推奨)]のチェックをはずします。

サービス

以下のサービスはSSDには不要。「自動」→「無効」に。

  • SuperFetch(気にしないことにする)
  • RDC(ファイルコピーを差分だけにしてくれる機能)
  • ReadyBoostサービス(SSDならいらない)
  • Windowsミーティングスペース
  • WindowsDFSレプリケーションサービス
  • Offline Files (オフラインの同期機能)
  • Tablet PC Input Service
  • Terminal Services(使いません)
  • Windows Search (インデックス作成を無効にした場合)
  • Fax (FAXモデムはない)

今後もう少し無効にするサービスを充実させます。

 

不要ソフトのアンインストール

重要。使わないモノは消す。私が消したのはこんな感じ。

  • VAIO MusicBox
  • VAIO MusicBox Sample Music
  • OpenMG Secure Module
  • VAIO ナビ
  • VAIO Guide Movie Components
  • VAIO Location Search
  • x-Radar(一度バージョンアップしないと消せない)
  • VAIO Media Plus
  • VAIO Media Plus Opening Movie
  • VAIO Entertainment Platform
  • PMB(Picture Motion Browser)
  • VAIO Content Folder Setting
  • VAIO Content Folder Watcher
  • VAIO Content Metadata Intelligent Analyzing Manager
  • VAIO Content Metadata Manager Setting
  • VAIO Content Metadata XML Interface Library
  • VAIO プレゼンテーションサポート
  • VAIO Entertainment Platform(まだ消してない)

ウィルス対策ソフトの変更

McAfeeはおそらく2009年度メジャー系ウィルス対策ソフトでは一番重いです。Sonyから「VAIOインターネットセキュリティ」と称して月額357円でNortonが購入できるのでこっちを使った方が良いと思います。とくにTypePを持っている人は複数台持っているでしょうから3台まで使えるNortonがお得に感じます。
Nortonが嫌いな人はImpressのこの記事「ネットブック向きのセキュリティソフトを考える」を読んで選んでください。

UACを止める

どの記事を見ても「推奨しませんが」と書かれていますがVistaの元凶です。止めましょう。

コンパネ→ユーザアカウント→ユーザアカウント制御の有効化または無効化で止める。

さらにコンパネ→「セキュリティ状態の確認」→「セキュリティセンターの警告方法の変更」で「アイコンも非表示にします」を選択してバルーンを消します。

検索Index

私はやめずに終わらせました。一度終われば問題なし。

休止状態(ハイバネーション)

正直なところSSDでは不要です。普通にVistaを終了させた方がマシ。SSDの場合、ハイバネするたびに2GB書き込まれるわけなので精神的にもよろしくない。

私は蓋を閉じたときのスリープを長めに取っています。それ以外は電源Offとしました。

画面設定

そんなに目が悪いわけでもが、DPI解像度は120dpiにした方が絶対によい。適度な細かさになるしフォントも120dpiのほうがきれいでよい。また、マウスポインタも大きいサイズに変更するとわかりやすい。

細かいところ

スクリーンセーバは必要なし(設定は「なし」)。むしろバッテリーが減ります。

サイドバーも不要。閉じるときに「Windows起動時に~」のチェックを外す。

IEのスムーススクロールはやめる。ブラウザはお好きなモノをどうぞ。

画面の詳細設定でアニメーションさせるようなことは中止。Vistaらしい部分だけ残して残りはばっさり停止。

 

最後にCCleanerでもかけてきれいさっぱりにするととっても愛着が出てきます。

|

« VAIO typeP 使い心地(ハードウェア編) | トップページ | 支持率 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

今日はじめてブログ見ました!!
シャトルのX27Dの記事をさがしてて
そしたら僕も気になっていたVAIO typeP
VAIOカスタマイズ参考になりました
これからもブログ頑張ってください!

投稿: だい | 2009年2月18日 (水) 10時00分

だいさん

どうもです。X27Dは最近電源を入れてません・・・。
なぜなら、
 ・消費電力が玄箱(6W)より高い(当たり前・・・)
 ・1日たつとファンの音が目立ってくる。
 ・LANポートが反応しなくなるときがある。
とくに3番目はサーバとしては致命的で、外部からarpしてあげると直ることが多いのですがLANが反応しなくなるのを直す方法を探しているところです。

TypePはいいですよ。私は物欲に負けて購入しましたがちゃんと用途を決めて、店頭で見てから買った方がいいですね。外出先で本当に使うのか、とか。

投稿: けろろ(管理人) | 2009年2月21日 (土) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/43987520

この記事へのトラックバック一覧です: Type PをVistaのまま頑張る(ソフトウェア編):

« VAIO typeP 使い心地(ハードウェア編) | トップページ | 支持率 »