« X27DにSSD実装 | トップページ | DotNetZipで日本語を扱う »

2009年のWRCと今後のスバル

2009年のWRC、ローブの6連覇という記録達成なるかだけしか興味がない。

そもそもマニュファクチャラーとして残っている2社、PSA(シトロエン)とフォードはともに公的資金の注入を受けている。そんな状況下でもモータースポーツに関与すべきと考えている会社とそうではない会社(スバル)の違い、そこを消費者はどう見るか。

私はスバルのラインナップから考えてWRCをやめて正解だったと思う。本来インプレッサは販売戦略上はレガシィの弟分のはず。日本やヨーロッパで一番売れ筋の5ナンバー、B~Cセグメントを担うはずなのにレガシィよりでかいというのはかなりおかしい。

スバルはプレミアムブランドの確率をWRC撤退後のストーリーとして考えているんでしょう。BMWやアウディのようになれるかはラインナップの整理とデザインをどうできるかだと私は思います。SUVプレミアムブランドが目指すべき道じゃないかな。

 

○軽:R1e

電気自動車速く出せ。そもそも軽のカテゴリーはスバルのアイデンティティだったと感じていたんだがなぜ撤退なのか。デザインももう少し頑張れば売れるクルマになるはず。

×DEX、インプレッサセダン

不要。

○インプレッサ(ワゴン)、フォレスター

5ナンバー、1500cc~2000ccクラスに戻れ。このサイズを求めている客層は多いはず。インプレッサは競技車両として使える道も残せばいい。フォレスターは少なくとも日産のデュアリスくらいであるべき。

レガシィワゴン

今の位置が良い。Dセグメントでいくのなら内装やシートにもっと金を掛けるべき。先日アテンザに試乗したが内装の品質はかなり負けている。ワゴンはできれば何も考えずにたくさん詰める

B4

唯一のセダンとしてプレミアムなクルマにすべき。さらにインプレッサのイメージをこっちに引っ張る。

トライベッカ

プレミアム路線に行くためには必要。あのデザインは最低だが。CX-7、ハリヤーくらいとは張り合うクルマに出来ないと。

 

問題はプラットフォームが3つ必要だということか?そのへんはトヨタをうまくだまして行くしかないでしょう。「まだ」スバルを応援していますから頑張ってください。

|

« X27DにSSD実装 | トップページ | DotNetZipで日本語を扱う »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/43635762

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年のWRCと今後のスバル:

« X27DにSSD実装 | トップページ | DotNetZipで日本語を扱う »