« Atom330でHyper-V | トップページ | 2009年のWRCと今後のスバル »

X27DにSSD実装

IMG_1983s

Atom330搭載のX27DにSSDを搭載しました。

購入したのはSILICON POWERのSSD 32GB。2008年12月に購入で7,980円。これを1年後に見たら高かったと思うんだろうなあ。

 

自宅サーバに求められるスペックは

・低消費電力

・静粛性

につきると思う。そういう意味では現在の2.5inchiHDD化された玄箱は静かだし消費電力も6Wということで優秀。でもやっぱりx86/x64のほうが遊びがいがあるんですよね。Debianサーバは安定しまくっていてつまらない(笑)。

WindowsServer2008をAcronis TrueImageで移行させようとしたが失敗。Vista系列はHDDのパーティションサイズが変わると全く駄目。仕方がないのでクリーンインストール。

気になるのは早さと消費電力。まず以前のHDD(2.5inchの160GB,5,400rpm、日立HTS541616J9SA00)はベンチマークはこんな感じ

Disk-WS2008x64-HDD

これを今回のSSDにすると

diskmark-ssd

となって段違いの速さ。

実際の使用感もまず起動速度が速い!ログイン後にデスクトップが現れる速さも考え込む(あれはHDDアクセスだったんですね)なくすっと出てくる。リモートデスクトップアクセスもさくっとつながる。まさに快適。

サーバマシンなのでHDDでは寿命も気になります。サーバマシンでは現行SSDで問題となるプチフリ(プチフリーズ、一瞬固まる動作)もほとんど関係ないので最適。

ところで消費電力ですが

IMG_2002s

ということでこのSSDでは2.5HDDと同一の数値でした・・・残念。まぁよしとしましょう。

|

« Atom330でHyper-V | トップページ | 2009年のWRCと今後のスバル »

Debian/Linux・玄箱」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/43571703

この記事へのトラックバック一覧です: X27DにSSD実装:

« Atom330でHyper-V | トップページ | 2009年のWRCと今後のスバル »