« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

DebianのOpenSSL問題

5/14のDebian-Usersメーリングリストで周知されていましたがDebian系列LinuxのOpenSSLパッケージに、推測可能な乱数を生成する問題が発見されたらしい。

対象はetch以降のDebianだが、該当マシンで作られた鍵は世界中に配布されている可能性があるわけなので、脆弱性のあるマシンは世界中に散らばったともいえるじゃないだろうか。SSH鍵認証への攻撃ツールはすでにあるらしいのでかなり危険。
Debian愛好家は(私も含めて)結構いるはずなので、インターネット上の今年の10大ニュースになりうるほどの問題だよ・・・。

(当然だが)最悪なことにSSL証明書にも被害は及ぶわけ、で無料で再取得してくれるベンダーもあるがベリサインは再取得しろとかかれているだけ。まぁベリサインの落ち度ではないけどね・・・

DebianユーザだけではなくSSL/SSHユーザはちゃんとチェックした方がいいでしょう。

(参考)
OpenSSL パッケージの脆弱性とその影響について (SSH鍵、SSL証明書等)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GDBインプはもう終わりかも

全く勝てなくなったスバルインプレッサ。陰ながらずっと応援しているのだがタイヤがピレリワンメイクになった今年も勝てない日々が続いている。

おそらくGDB最後のラリーとなるであろうWRCイタリア、Day1は3位につけていたペターもDay2でタイヤのトラブルで10位に落ちた模様。

World Rally Championship - News - Subaru team explains Solberg's lack of speed

大体ピレリワンメイクでスバル大幅有利(少なくとも不利なはずがない)だろうに。サスペンションも悪いみたいでプライベータが使っているサスの方が速いらしいし。上のHPでは否定しているけどみんな同じタイヤ使っているんだからどう見たってサス周りおかしいだろ?

「2位なんて大嫌い」なペター、最後に勝ったのがローブに譲渡されたあの勝利なのだからモチベーション下がりまくっているだろうなぁ。次戦に新型が出たらまた熟成するまで時間がかかるだろうし。

ペターでもクリスでもいいからなんとかGDB最後の勇姿を見せて欲しい。
それにしてもスバルのWRCのページ、見づらいったらありゃしない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Eee PCデスクトップ版 Eee Station

先日2万円のx86マシンをポチリかけたが結局買わなかった。x86ベースは大きな魅力だったけど大きさと消費電力がネック。

玄箱に代わるサーバマシン探しは続いていたがどうやらAtom搭載のEee PCデスクトップマシンが出るみたい。

Eee PCデスクトップ版の仕様判明 & 新製品 Eee Station - Engadget Japanese

コネクタサイズから想定される本体サイズははかなり小さい。Atomだし消費電力は低いだろうからかなり期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OpenSolarisがすごい

image

OpenSolarisがなんとLiveCDになっている!
インストールCDを入れて起動するとdtloginするかと思いきやGNOMEが立ち上がる。Ubuntuを超えているかも!

続きを読む "OpenSolarisがすごい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルフォトフレーム

我が家にはフォトフレーム(写真立て)がたくさんある。ほとんどがデジカメ画像を写真屋さん?で印刷した物が入っている。だがよく考えたらデジカメ画像をそのまま表示できるデジタルフォトフレームでもいいのではないかと思い始めた。

価格.comやamazonあたりで探してみてもいいデジタルフォトフレームはなかったのだけどソニーからいいフォトフレームVGF-CP1/Bが出た。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080507/sony2.htm

ソニーだけどSD/SDHC、CFメモリにも対応している。無線LANも対応しているのでGoogleフォトアルバムなどネットワーク上の画像も表示できるらしい。しかもmp3再生、Yahooのニュース、天気予報も閲覧可能、RSSリーダもあるとなっては相当いい感じの商品かもしれない。

大きさは7インチと言うことなので最近のカーナビぐらい。800x480もPCと比較すれば結構高精細だけど最近の携帯電話が3インチ程度でWVGA(480×854ドット)だったりするのだからもっとあってもいいような気がする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »