« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

チベット騒乱に垣間見る日本の政治

チベット騒乱に対する日本の対応は最低だった。

国が違えば意見が食い違うのは、あって当然だ」と述べた福田首相。

ありえない。
戦後の日本はアジアの民主主義の盟主ではないのか?
(どこかの国のように)民主主義を押しつける必要もないが人権蹂躙は別だ。

「中国が『日本、ちょっと間違っているよ』と言ってくれ、逆に日本が『中国はこうしたらいいんじゃないの』と言えるぐらいの関係ができれば最高だ」
馬鹿も休み休みにして欲しい。アメリカにさえ言えないではないか。
調整しか出来ない人間が国のトップになることがいかに危険か。意見すら言えない。衆参逆転の難しい状況で必要とされたのは風見鶏の調整役なのだろうか?

首相になるために「エレベータの順番待ち」(fromサンクチュアリ)をしている日本の政治家。次はこっちの派閥かな、あの人の番じゃないの?などやっている日本が情けない。
海の向こうを見れば大統領指名のために民主党(ヒラリー候補とオバマ候補ね)や共和党が国民にダイレクトに自身の政策を説明し、共感を得ようとしている。

日本のマスコミも非常に良くない。

小泉、安部の頃はこぞって叩いていた。(今なお「あの頃のせいで」と叩いている)
しかし福田首相になってからなりを潜めている。
「何かをしようとした首相」と「何もしない首相」では何もしない首相の方がマシというのか?「何もしない首相」こそ叩かれてしかるべきだ。

福田首相が首相に着任してから、日本中が政治に興味が無くなったように感じる。

政治へのあきらめ感は、日本の未来へのあきらめ、無関心へつながっていく。
すでに「将来政治家になり、良い日本を作りたい」という夢を持った日本の子供はほとんどいないかもしれない。

そんな日本を危惧した漫画(マンガでごめん)が「サンクチュアリ」と「沈黙の艦隊」。特に前者はおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleは未成年利用禁止?

検索ネタ続き。どうもGoogleの利用規約をちゃんと解釈すると

未成年はGoogle・Gmail・YouTubeなどを利用することができません。

というらしい。未成年には「Google検索」という趣味はまだ早いと言うことか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

McAfee SiteAdvisor

googleやyahoo、MSNで検索をするとき危険なサイトを知らせてくれる。Firefoxにはだいぶ前から入れていたけどIE版があるとは知らなかった。

McAfee SiteAdvisor - Internet Explorer 用のダウンロード

以前はMcAfeeのアンチウィルスを愛用していたけど重くなったので最近はNOD32にしている。Norton等重たいウィルス対策ソフトにはこの手のソフトも入っているけどNOD32は当然は言っていない。これはフリーでおすすめ。

たとえばGoogleで「ScreenSaver」を検索してみると

image

と言う感じに3つめの検索結果に危険を示す赤いアイコン、4つめの検索結果に注意を促す黄色いアイコンがついた。

「趣味がGoogle検索」な人は変なサイトに行く前にインストールすべし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

管理職って何だろう

私はずっと技術者だった。営業活動も好きだった。自分の力を試せる現場仕事が好きだった。お客さんとけんかしたこともあるけど。SEとして責任を持つことも、後輩を育てることも、ン億の売り上げノルマが課せられることも全然苦ではなかった。自然体でできることだから。

それでもSEとしてやっていけるのは30代半ばまでだと20代前半の頃からずっと理解していた。ある時点で違う道を選ぶ必要があるとぼんやり理解している。

だが間違っても課長になどなりたくないと思っていた。いろんな課長を見てきた。尊敬できる課長もいたしそうでもない方もいた。中間管理職などまっぴらと思う事柄もよく見てきた。自分で仕事を片付けたいと思う私にはマネージャー職は向いていないと常々思う。膨大なノルマを自分の力で解決できないのは苦痛だろうなぁとさえ感じる。だから独立の道をずっと考えていた。

でもいまはプレイングマネージャーの時代。自分も成績を上げチームメンバーにも結果を出させる、一番得意としてきたこと。

ではなにが不安なのか、なにか心の中でこんなに重いのか最近分かってきた。

それは部下の人生を預かると言うこと、部下の人生のすべてを左右できる立場にあると言うことなんだと。異動先もキャリアプランも、将来その人間がどのような道に進むのかもみんなマネージャーの手に委ねられている。そんなことを考えながら周りを見るとできる上司と出来ない上司の本当の違いが最近分かってきた気がする。

とりとめが無くなってきたのでまた今度。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

W杯予選

vsバーレーン戦は残念。見れなかったけど。

でも致命的な1敗を喰らう前の今後に生かせる敗戦。やはり日本に足りないのは確かな技術と想像力、そして適度な緊張感。オシムに戻ってきて欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォルダを隠したい

一人で使っているパソコンでももしもの時に隠しておきたいファイルがある。盗まれることもあるし、家族に見られたくないファイルとかもあるかもしれない。

窓の杜で紹介された「Folder Prodtection」はまさにこれができる。インストール不要だからUSBメモリなどでも使えるのが良い。

リンク先のFolderProtectionぁらダウンロードするとlockdir.exeというファイル1つだけダウンロードされる。これが実行ファイル。説明書も無し。

image

これを中身の隠したいフォルダにコピーしておく。こんなかんじ。

image

そこでlockdir.exeを実行するとパスワード入力画面になるのでパスワードとConfirm(確認)に同じパスワードを入れる。

image

すると、フォルダの中は空っぽになる。

image

フォルダの中はlockdir.exeだけ残っている。これを再度実行するとパスワードを聞いてくるので正しいパスワードを入力すると隠れた?ファイル達が見えるようになる。

image

そのとき上のようなウィンドウが残っている。
×ボタンで消してしまってもいい(一番下のCancel Protectedと同じ)。その場合はまたlockdir.exeを実行してパスワードを入力すればいいだけ。
間違ってロック解除したとかすぐに保護(ファイルを隠す)したい場合は真ん中のRestore Protectedを押すとパスワードは聞かれずにまたファイルは隠される。後でこのウィンドウを出したいのであればMinimized To Trayを押せば良い。

10GBぐらいあるフォルダもすぐにロック(=見えなくなる)ので(窓の杜に書かれている)暗号化はされていないような気がします。が、かなり便利です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

頑張れアルディージャ

#最近忙しくてごめんなさい>コメントくれてる方。

2008年のアルディージャはなんと開幕勝利でいきなり2位タイに。あまりの驚きに会社で熱く語ったら皆に爆笑された・・・。

今日は第2節で京都戦。前半にコウタの1得点でリードするところまではネットで確認!「今年は強いぞ!」と思って散歩から帰ってきたら後半2点取られてた・・・。

でも去年のように勝てない日が続くよりなんか気楽だ。頑張れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家本

ゼロックス杯 サンフレッチェvsアントラーズ。見てなかったけどまたやったの?

http://jp.youtube.com/watch?v=Mt6zMjCgNZs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »