« 初音ミクとシシトウ | トップページ | 国の貸借対照表 »

物価とインフレと経済成長

最近物価上昇のニュースが多い。物価指数はマイナスらしいけど。実際のところは原油価格の高騰と不作の影響が大きいのかな。

ここ数年?の日本はマックの80円バーガーとか吉野家の牛丼に代表されるようにデフレ傾向だった。つまり物品の価値が低い状態(貨幣価値が高い状態)。上の例の値段は企業戦略もあるだろうから一概には言えないけど日本全体の方向はデフレだった。

経済の素人の私が書くのもおかしいがデフレは経済的成長を妨げる。消費者心理として「待っていればもっと安くなるかも」という心理が潜在的に現れるため買い控えがが生じやすいそうだ。なので逆にインフレであれば待っていると逆に高くなる可能性があるため消費を促しやすい。緩やかなインフレが経済成長の鍵と言われるのもそういうこと。

でもやっぱり安い方がいいよね・・・。食料品とかであれば内容量をちょっと減らしてでも値段は上げないで欲しいな。

|

« 初音ミクとシシトウ | トップページ | 国の貸借対照表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/16791886

この記事へのトラックバック一覧です: 物価とインフレと経済成長:

« 初音ミクとシシトウ | トップページ | 国の貸借対照表 »