« DSLというライブCD Linux | トップページ | 手話通訳、気が散る? »

FX:100万ロスカットの状況

あの日はもちろん平日だった。G7もそろそろ迫ってきていて円高圧力がかかるかも?という状況。その頃のユーロ円は166円台。個人的なユーロへの見解としては、

  • サブプライム問題のダメージはヨーロッパにも大きい。取り付け騒ぎもあった。
  • 円キャリートレードへのリスク回避行動が見える。
  • ヨーロッパ高官が「ユーロ高」懸念表明 。
  • G7でユーロ高に言及の可能性高し 。
  • どうみても166円は高すぎ 。
  • どうせ100万はあぶく銭。溶けてもいっか(←これが一番だめ!)

ということでそろそろ織り込みの円高に入ると確信。
レバリッジ50~100倍で合計70~80枚ほど夜中にショート。デイトレ(一日で決済)ではなくスィング(数日かけて決済)になるのでSWAPは逆ざやだがG7織り込み行動を考えれば確実に円高方向。わくわくしながら寝る。ちなみにロスカットは+0.7~1.5円高あたりになる。

翌日、ちょっと円安気味だったが気にせず会社へ。

昼間。日銀総裁が円の金利アップはしばらく無しと言及。とたんに円キャリートレードへのリスクは寛容と判断、一路ユーロ高へ。そのまま167.5円まで駆け上がる。

会社から帰るとすべてロスカット(泣)。マイナス100万円也。

実はあと2,3日持ちこたえれば+50万~+200万以上になっていた。では何がだめだったのか、というと以下の4点だと思う。

  • レバリッジ。ユーロでやるなら2円以上の許容がないとスィングトレードはきつい。50倍、100倍は完全に目の前で決済できるときだけにすべき。
  • 流れに逆らってはだめ。自分の考えに固執しすぎた。確かにあと2,3日すれば円高だった。ロスカットに耐えられれば+200万もあり得た。だが、流れに逆らってはだめ。
  • 日銀。正直1ヶ月の経験から日本高官の発言はほとんど無視されていた。だが日本の金利政策は世界から注目されていることを実感。今の日銀総裁はかなり変な発言をすることで有名?だが、さすがに金利据え置きは外せなかった模様。だが本来は金利は上がらないといけないのだが。
  • ポジション取り。いままで70枚もポジションしたこと無し。100万溶けてもイイと考えたのは税金のことも念頭にあった。だが本当に100万円溶けると寂しい。100万あったら・・・。

私にとって幸運だったのは種銭まで響かなかったこと。親の遺産を掛けていたり借金した金をポジションしたりする人もいるみたいだけどやめておきなさい。負けたときは(G7後のように確実に読めるときはおいておくとして)地道に取り戻そう。楽しくね。

大金ねらいそうになった自分を抑えるにはここを見て反省。
404 Not Found 該当の口座にはポジションが存在しません。

    |

    « DSLというライブCD Linux | トップページ | 手話通訳、気が散る? »

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/16901987

    この記事へのトラックバック一覧です: FX:100万ロスカットの状況:

    » ショットガンFX [ショットガンFX]
    [続きを読む]

    受信: 2007年11月12日 (月) 14時17分

    » http://fxswaapp.blog.shinobi.jp/ [FXスワップ金利]
    FXスワップ金利とは? [続きを読む]

    受信: 2007年11月17日 (土) 16時38分

    « DSLというライブCD Linux | トップページ | 手話通訳、気が散る? »