« T60レビュー(Vistaインストール前後編) | トップページ | Thinkpad X61が安い »

T60レビュー(XPインストール編)

このVista初期セットアップ時のストレスを抱えたまま利用するのは心理的に苦痛。それになんかVista遅いし。メモリ3GB積んでいるんだよ?

ということであっさりVistaを放棄。WindowsXPを再インストールすることに。

Vistaのリカバリ領域はあっさり削除。あっても無駄です、あんなもの(もちろん、リカバリーCDは作っておいてください!)。なくともBIOSの画面には入れるし、起動メディアの選択もできますから。

だがXPをいれるのもいくつか関門がある。

  1. XPのインストールメディアの調達
  2. HDDがSATAなのでインストールCDがHDDを発見できない
  3. SATAドライバを読み込ませるためにFDDが必要
  4. いくつかのドライバの調達

1番はどうにかしましょう。私はもともとXPproのCD+ライセンスを持っていました。

2番はインストールCDを入れて進めてもHDDが見つかりません、といわれてしまう問題。これを解決するにはインストールの最中に追加のドライバを入れる必要がある。追加のドライバを入れるにはインストール中にF6キーを押すタイミングがあるので必ず押すこと。ドライバはIntellのホームページから持ってくる。 f6flpy32.exeというファイルをダウンロードできるのでこれを実行するとドライバの入ったフロッピーが出来上がる。URLはここ。

http://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?agr=Y&ProductID=1809&DwnldID=9727&strOSs=44&OSFullName=Windows*%20XP%20Professional&lang=jpn

Intelではいろんな種類のf6flpy32.exeを配布しているので間違えないように。T60の「ICH7M」のドライバはこのページから取ってくること。

3番、USB-FDDでOKなので調達しないと上記IntelからダウンロードしたSATAドライバディスクの作成、読み込みができません。

4番、Thinkpadはドライバ類はすべてIBM(lenobo)が用意してくれているので問題なし。ただしNIC (LANアダプタ)のドライバだけは事前に用意すること。T60内蔵のIntelのギガNICはXP標準では認識できません。XPインストール完了後、インターネットに接続できず、立ち往生してしまいます。もう一台PCがあれば何とかなりますが前もってIBM/lenoboからダウンロードしておきましょう。

SATAのドライバディスクが作れたらXPのインストールCDとドライバFDDを使ってインストール。順調に行けば見慣れたログイン画面。そこでLANのドライバを入れてあとはIBMのページから必要なドライバを片っ端から落としてインストール。オーディオ関連はMSのアップデートをかけてから出ないとデバイスが見つからないのでWindowsUpdateやlenoboのsystemUpdateも利用していく。

私が困ったのはデバイスマネージャで1つ「不明なデバイス」が残ってしまうこと。詳細は「Intel(R) 82801GBM (ICH7-M) LPC Interface Controller - 27B9」と表示されており、なんなのかわからなかったがドライバの適用忘れ。「Atmel TPM (Trusted Platform Module) デバイス」としてちゃんと認識された。

そのほかXPインストール時に気がついたことをいくつか。

音量調整でビープがなる。

これは「Thinkpad機能設定ツール」で消せる。

デスクトップのBluetoothアイコンを消す

邪魔なので消す。レジストリをいじるもしくはTweakUIで消す。以下レジストリをいじる場合。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ Windows\CurrentVersion\Explorer\Desktop\NameSpace\ {6af09ec9-b429-11d4-a1fb-0090960218cb}
このキーの名前を変えてしまう(先頭に「;」とか入れてしまう)とOK。こんな感じ。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\ Windows\CurrentVersion\Explorer\Desktop\NameSpace\ ;{6af09ec9-b429-11d4-a1fb-0090960218cb}

これでストレスのない世界が待っています。Vistaを捨ててよかった。

|

« T60レビュー(Vistaインストール前後編) | トップページ | Thinkpad X61が安い »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

3番は、BIOS画面で、HDDのアクセスモードを切り替えておくことで回避可能ですよ (^o^)

投稿: eclipse32 | 2007年12月 3日 (月) 21時23分

情報ありがとうございます。そうですね、ATA互換でインストールした後SATAに戻せるのかが心配で試してませんでした。OKなら切り替えた方が簡単ですね。

投稿: けろろ(管理人) | 2007年12月 5日 (水) 02時12分

こんにちは、T60の調子が悪くて、ウェブで情報収集していたところ、
偶然、けろろさんのブログを発見しました。

ゲスト来訪で、厚かましいとは思うのですが、
一つ教えて頂きたい事があります。
------------------------------------------------------
2番はインストールCDを入れて進めてもHDDが見つかりません、といわれてしまう問題。これを解決するにはインストールの最中に追加のドライバを入れる必要がある。追加のドライバを入れるにはインストール中にF6キーを押すタイミングがあるので必ず押すこと。
------------------------------------------------------
とありますが、f6flpy32.exeを展開後、FDDに入れて、
上記の手順通りに進めてみたのですが、
「不明なディスク」の表示は消えたものの、
やはり使える領域は、本来の容量とは程遠く、たった4Gの領域しか
表示されません。

もし、お分かりになるようでしたら、教えて頂けますでしょうか。
電源投入後、F1を押してもBIOSが起動しないものですから、
この方法に賭けてます。

宜しくお願いします!m(_ _)m

投稿: ta9 | 2007年12月11日 (火) 01時18分

すみません、解決しました!お騒がせしました。

投稿: ta9 | 2007年12月11日 (火) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/16093285

この記事へのトラックバック一覧です: T60レビュー(XPインストール編):

» なごみ村キャンプ場に遊びにおいでください [なごみ村]
奈良県吉野郡天川村 円空の里なごみ村キャンプ場へお越しくださいませ 「天の国」「... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 04時26分

« T60レビュー(Vistaインストール前後編) | トップページ | Thinkpad X61が安い »