« 杏さゆり on au | トップページ | The next Ubuntu release, FeistyFawn »

IPv6 on WindowsXP

IPv6のサイトを立ち上げている。WindowsXPのサポートは必須なのだが名前解決やその他敷居が高い。4月が怖いなー。

ふつうは必要ないのだけど手動でXPにIPv6アドレスを付与するための備忘録。

まずはIPv6プロトコルスタックのインストール

ipv6 install

v6アドレスの付与。インターフェース番号(ここでは5)かNICの名前を指定する必要がある。2001:db8::2/64を付与してみる。

netsh int ipv6 add address 5 2001:db8::2

もしくは

netsh int ipv6 add "ローカル エリア接続" 2001:db8::2

サブネットマスクの指定。これがよく分からんがひとまずルーティングを記述して逃げる。64ビットマスクとして、インターフェースをルーティング先としておく。

netsh int ipv6 add route 2001:db8::/64 5

もしくは

netsh int ipv6 add route 2001:db8::/64 "ローカル エリア接続"

あとルーティングの追加は適当に。デフォルトゲートウェイ(2001:db8::1)を設定してみる。

netsh int ipv6 add route ::/0 5 2001:db8::1

(注:ここで使っているv6アドレスはRFC3849 "IPv6 Documentation prefix"で定義されている2001:db8::/32を利用しています)

|

« 杏さゆり on au | トップページ | The next Ubuntu release, FeistyFawn »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/14369326

この記事へのトラックバック一覧です: IPv6 on WindowsXP:

« 杏さゆり on au | トップページ | The next Ubuntu release, FeistyFawn »