« 韓国と練習試合 | トップページ | 今日のやべっち »

LinuxのHDD状態監視

先日の玄箱HDD昇天事件に反省しHDDの温度対策をすることにした。何となく夏場の温度上昇が原因だったような気がする。HDD温度はhddtempで取れるので

aptitude install hddtemp

として取得。早速実行すると/etc/hddtemp.dbにHDD情報がないといわれるので追記。

"ST3320620A"     194  C  "Seagate Barracuda 7200.10 320GB"

これをcronで15分ぐらいおきに実行してしばらくログを取っておくことにする。ついでなので温度が高ければファンを回すようにする。これはこれを参考にさせていただき以下のようにログ収集と結合。

# cat hddtemp.sh
#!/bin/sh

TEMPLIMIT=45
LOCKFILE=/tmp/HDDtemp
LOGFILE=/root/hddtemp.log

if [ -f $LOCKFILE ]
then
        echo `date` $0 already running >> $LOGFILE
        exit
fi

TEMP=`/usr/sbin/hddtemp -n /dev/hda`
#date
#echo $TEMP C
echo `date` $TEMP C >> $LOGFILE

if [ "$TEMP" -le $TEMPLIMIT ]
then
        /bin/echo -n '\\\\' > /dev/ttyS1
        exit 0
fi

/bin/echo -n ']]]]' > /dev/ttyS1

touch $LOCKFILE
while [ 1 ]
do
        TEMP=`/usr/sbin/hddtemp -n /dev/hda`
        echo `date` $TEMP C >> $LOGFILE
        #date
        #echo $TEMP C
        if [ "$TEMP" -le $TEMPLIMIT ]
        then
                break
        fi
        sleep 60
done

/bin/echo -n '\\\\' > /dev/ttyS1
rm $LOCKFILE
exit 0

|

« 韓国と練習試合 | トップページ | 今日のやべっち »

Debian/Linux・玄箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/13863631

この記事へのトラックバック一覧です: LinuxのHDD状態監視:

« 韓国と練習試合 | トップページ | 今日のやべっち »