« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

HDD壊れる・・・

Linuxサーバ(玄箱ちゃん)のHDDが逝ってしまった・・・。1年持たなかったのはなぜ。SeagateのBarracuda.9。静かで気に入っていたのに。
原因は

  • 7200rpmはやっぱり玄箱には熱い?
  • 夏場にファンが壊れた・・・1日放置
  • noflushdを導入・・・ちょっと不安だったけど

ぐらいか。データをサルベージしなくては。状況は/var/log/messagesのログから判明する。

Jan 22 13:26:58 kerosv kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error}
Jan 22 13:26:58 kerosv kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=140497653, high=8, low=6279925, sector=135790608
Jan 22 13:26:58 kerosv kernel: end_request: I/O error, dev 03:03 (hda), sector 135790608
Jan 22 13:32:49 kerosv kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error}
Jan 22 13:32:49 kerosv kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=140497680, high=8, low=6279952, sector=135790616
Jan 22 13:32:49 kerosv kernel: end_request: I/O error, dev 03:03 (hda), sector 135790616
Jan 22 13:33:03 kerosv kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error}

が延々と続く。(ここで1週間放置したため事態は悪化)

ひとまずディスクのチェックのためfsckをする(これをやる前にデータをバックアップするべき)。

fsck -C -v -y /dev/hda3

恐ろしい勢いで修復されていく。ここで初代LinkStationにバックアップをとることに。LinkStationへコピーするにはsambaでマウントしてしまう。smbfsをaptitudeしてからshareフォルダをマウントする。

mount -t smbfs -o username=admin,codepage=cp932,iocharset=euc-jp //192.168.1.2/share /mnt2

これでLinkStation(192.168.1.2)のshareフォルダをmnt2にマウントする。ユーザ名は適当に。パスワードをきかれてもパスワード保護していなければそのままリターン。ここからrsyncでひたすらバックアップ。

rsync -ruv --progress /mnt/ /mnt2/

しかし1時間もするともうデータにアクセスできない。

だめなのでHDDを換装。新HDDは懲りずにSeagateのBarracuda.10(320GB:ST3320620A)へ。今度はカーネルを2.6にしてと。

引っこ抜いたHDDはUSBにつなげて玄箱に接続、マウント。

mount -t ext3 -o ro /dev/sda3 /mnt

データはひとまず見れる。このデータをrsyncで引っこ抜く。しかしやっている最中にもIOerrorでどんどん壊れていく・・・。やばい・・・めちゃくちゃだからもう一度fsck?

あー!!、ファイルがみんなlost+foundに!。とりあえずこいつらをサルベージしてあとで考えよう。fileコマンドでだいぶ分かるはずだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vista ファーストインプレッション

製品版のWindowsVista(TechnetPlus配布のBusiness)を2時間ほど触ってみたインプレッション。といっても散々ベータ、RCといじっているので新鮮味がない。

利用環境
ThinkPadX31
penM1.4GHz(Banias), 1GB-Memory, 20GB-HDD(4,200rpm) 1024x768MobilityRadeon

パフォーマンス
思ったよりも悪くはない。立ち上がってしまえばXPと同等程度には使える。立ち上がりはXPのほうが速い。

無線LAN
無線LANの設定は理解していない人にはわからないぐらいの回りくどさ。暗号化がオープンシステムになっていたり(WEPな人が多いはず)、ステルスモードの人は手動で設定かつ「ネットワークがブロードキャストしていないときでも接続する」チェックをつける必要があったりとつなげられず苦労するかも。
いくつものSSIDを標準機能で保存しておけるようになったのは改善ポイント。

IPv6
標準でインストールされている。テストはこれから。

Lanprop1

XPのようにコマンド制御でなくちゃんとGUIが出る。

Lanv61_1

詳細画面は大したものはなくv4と変わらない。

Lanv6det1 Lanv6det2 

動画再生
うちの環境ではMediaPlayerではまったく使い物にならない。CPU100%に張り付く。mp3再生時の視覚エフェクトでさえ危うい。MediaPlayerClassicであれば問題ないからWMP11の問題も大きいかも

画面サイズ
Gad 画面右を占有するガジェット(右)があるせいもあるがXGAではもう使い物にならないかも。
120dpiはXPに比べると使い物になるのでこれから買う人は高精細なディスプレイを選んでおくほうがいい。ただし120dpiの設定箇所が非常にわかりづらいのでメモ。「コンパネ」「ハードウェアとサウンド」「個人設定」の「オンスクリーン項目のサイズの変更」もしくはタスク「フォントサイズ(DPI)の調整」

コマンドプロンプト
スタートメニューの検索窓に「cmd」と入れれば起動する。

telnet
telnetコマンドがない!!

ping
pingとping6コマンドは統合されてping1つでIPv6にも飛ぶようになっている。

検索窓
このスタートメニューの検索窓が結構面白い。インクリメントサーチで入力している最中にどんどん結果が絞られていく。検索対象はプログラムだけではなくBookmarkや受信メールなども対象なので便利かも。

プロファイルのディレクトリ変更
XPでは「Document and Setting」などというスペースの入った長いいやらしい名前であったがVistaは「Users」という名前に変更されている。いきなり変えるのもどうかと思うが。

画面フォント
メイリオはどうだろ?慣れの問題かな・・・アンチエイリアスが汚く見えるせいもある。高精細ディスプレイならもっときれいなのか。ヒラノギフォントのほうが好きな人もいるでしょう。

ということで、3年前のマシンでもまぁ動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

WindowsVista

発売前だがVistaを入れてみた。Vista

IPv6の検証を行わないと間に合わない。

インストールは簡単。Windows3.1Jからいままでで一番簡単。無線LANの設定に戸惑ったが

安定度は高い。パフォーマンスはそこそこ。インストール直後で400MBぐらいメモリはとられる。

仕事が終わったらレポートします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メンテ終了

ココログ、丸一日メンテするなんて・・・。

しかも携帯から投稿した物は反映されてないかも~、ときた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国サッカー代表監督

サッカー:韓国代表監督、選手召集拒否にブチ切れ

「韓国側の事情で3月の韓日戦中止」

こんな国に構っていないで帰っておいでよ、ピムさん。大宮は弟が監督になっちゃったけどなんとかJ1に残っていますよ。

負ければヒディングと比較されてサンドバッグ状態になるのが落ちでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDメモリカードの価格

最近USBメモリがやけに安い、と思ったらSDメモリも安かった。SDメモリ512MBはファミリーマートで2,980円だし。

実験用にmisiSDの1GBを購入。なんと1,941円

Minisd

そしてSDの2GBも購入。こちらは3,200円だったかな。

Sd

1年後にこれを見て「あの頃は高かったなぁ」と思うのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDD換装

ノートPC(ThinkpadX31)のHDDを換装。容量アップ(80G→120G)と回転数を速くしてみた(4,200rpm→5,400rpm)ので感想など。

換装前  日立80G 4200rpm(IC25N080ATMR04-0)
換装後 日立120GB 5400rpm(HTS541212H9AT00)

値段
約1万円。3.5インチに比べれば高いですが手頃になってきましたね。

音・発熱
元の80Gはかなり静かなHDDだったため、音は若干増えましたが夜静かな環境でないと気がつきません。発熱は問題なし。

速度
体感は相当速くなってます。これまではエクスプローラーでフォルダを開くときにほんの少しの間があったのですがそれが無くなっています。7200rpmのHDDだともっと快適なのかもしれません。ベンチマークは以下の通り。

HDD                Read   Write   RRead  RWrite  Drive
IC25N080ATMR04-0  23886   21078    9432   10877  C:\100MB
HTS541212H9AT00   40570   36376   13399   13595  C:\100MB

よい買い物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログとメンテ

ココログのメンテトラブルを受けて、最近は別のブログへ書いている。

SEとしては同情するがこのままだと完全に移行するよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公衆無線LAN

最近外出中にネットで調べたいことが多い。携帯だとまどろっこしい。

FreeSpotとgoogleMAPをマッシュアップしたもんでも作ろっかな、と思ったらすでにFONというサービスがあった。がっかり。自宅の無線アクセスポイントを公開して世界中のホットスポットを作ろうという試みらしい。

おもしろいのは自宅の無線APを無料で公開した場合は他人のAPも無料で使える(Linus)、有料で公開した場合は他人のAPも有料で使う(Bill)という2つの公開方法があること。名前もかなり笑える(Linus =Linuxの開発者、Bill=ご存じビルゲイツ)。

ただFONのマップを見てみると東京でもまだまだ加入は少ないみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPアドレスでどこまで分かるのか

XSS(クロスサイトスクリプティング)などセキュリティの問題はつきることがないですが、実際ブラウザでHPにアクセスするとどんな情報が送信されるのか確認できるページを作りました。(よくあるページです)

http://keron.dip.jp/lookyou.php

上のHPを見るとあなたのブラウザが通常、送信している情報を確認できます。
IPアドレスからどこまで特定されるのか見たい方もどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »