« Vista ファーストインプレッション | トップページ | 誕生日と神田明神 »

HDD壊れる・・・

Linuxサーバ(玄箱ちゃん)のHDDが逝ってしまった・・・。1年持たなかったのはなぜ。SeagateのBarracuda.9。静かで気に入っていたのに。
原因は

  • 7200rpmはやっぱり玄箱には熱い?
  • 夏場にファンが壊れた・・・1日放置
  • noflushdを導入・・・ちょっと不安だったけど

ぐらいか。データをサルベージしなくては。状況は/var/log/messagesのログから判明する。

Jan 22 13:26:58 kerosv kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error}
Jan 22 13:26:58 kerosv kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=140497653, high=8, low=6279925, sector=135790608
Jan 22 13:26:58 kerosv kernel: end_request: I/O error, dev 03:03 (hda), sector 135790608
Jan 22 13:32:49 kerosv kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error}
Jan 22 13:32:49 kerosv kernel: hda: dma_intr: error=0x40 { UncorrectableError }, LBAsect=140497680, high=8, low=6279952, sector=135790616
Jan 22 13:32:49 kerosv kernel: end_request: I/O error, dev 03:03 (hda), sector 135790616
Jan 22 13:33:03 kerosv kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error}

が延々と続く。(ここで1週間放置したため事態は悪化)

ひとまずディスクのチェックのためfsckをする(これをやる前にデータをバックアップするべき)。

fsck -C -v -y /dev/hda3

恐ろしい勢いで修復されていく。ここで初代LinkStationにバックアップをとることに。LinkStationへコピーするにはsambaでマウントしてしまう。smbfsをaptitudeしてからshareフォルダをマウントする。

mount -t smbfs -o username=admin,codepage=cp932,iocharset=euc-jp //192.168.1.2/share /mnt2

これでLinkStation(192.168.1.2)のshareフォルダをmnt2にマウントする。ユーザ名は適当に。パスワードをきかれてもパスワード保護していなければそのままリターン。ここからrsyncでひたすらバックアップ。

rsync -ruv --progress /mnt/ /mnt2/

しかし1時間もするともうデータにアクセスできない。

だめなのでHDDを換装。新HDDは懲りずにSeagateのBarracuda.10(320GB:ST3320620A)へ。今度はカーネルを2.6にしてと。

引っこ抜いたHDDはUSBにつなげて玄箱に接続、マウント。

mount -t ext3 -o ro /dev/sda3 /mnt

データはひとまず見れる。このデータをrsyncで引っこ抜く。しかしやっている最中にもIOerrorでどんどん壊れていく・・・。やばい・・・めちゃくちゃだからもう一度fsck?

あー!!、ファイルがみんなlost+foundに!。とりあえずこいつらをサルベージしてあとで考えよう。fileコマンドでだいぶ分かるはずだし。

|

« Vista ファーストインプレッション | トップページ | 誕生日と神田明神 »

Debian/Linux・玄箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/13699523

この記事へのトラックバック一覧です: HDD壊れる・・・:

« Vista ファーストインプレッション | トップページ | 誕生日と神田明神 »