« またしても | トップページ | 第32節 大分戦 »

McAfee、NOD32とKaspersky

Kasperskyが発売になったので試用版を試すことに。ついでにNOD32、McAfeeも比較。評価マシンはThinkPadX31、PenM1.4MHz、メモリ1GB、HDD80GB、WindowsXP ProSP2

1.ウィルス対策ソフトが入っていない状態

実際にはMcAfee2007をアンインストール。アンインストールはMcAfee配布のこれを使う。ずいぶん軽かったんだなーと感慨にふけってしまった。

Noav

2.McAfee

McAfeeは2007年版を2週間ほど利用した。特に不具合はなかったがとにかく重い。

Mcafee2007_1

良いところ

  • 設定が簡単(設定なんかしなくていい)
  • 更新料はまぁまぁの値段(3,200円でした)
  • 毎日ウィルス定義のアップデートがある
  • ファイヤウォールの設定は簡単

悪いところ

  • 2007年版になって重くなった。(これはノートン先生もウィルスバスターも同罪)
  • ファイヤウォールの定義が細かくできない。
  • IEの起動が遅くなった。
  • MSのセキュリティセンターの代わりに、McAfee版のSecurityCenterと言うソフトを入れないといけない。

3.NOD32

Nod32

良いところ

  • とっても軽い
  • ウィルス対策ソフトを使っていることを忘れさせてくれる
  • スパイウェアにも(ある程度)対応
  • Windows2000ServerなどサーバOSにも対応。SEをやっていると助かることが何度か・・・。
  • 更新料が安い
  • 2つめ以上の購入には割引がある。

悪いところ

  • 軽すぎて不安になる。定義ファイル更新も通知がないので心配に。
  • FW機能はない。
  • ウィルス定義の配布がまばら。全然配布がない日もあったり。
  • デフォルトの設定は人によっては甘い設定と言う人もいる。
  • スパイウェア対策はおまけと考えた方がいいかも

4.Kaspersky InternetSecurity6.0

通称カスペ。なかなか良い。すくなくとも御三家(ノートン、バスター、マカフィー)の2007使うくらいならこっちの方がよい。

Kaspe_1

良いところ

  • Firewall機能も入っているのに軽い。
  • 対応している圧縮ファイルの形式がやけに多い。7zやisoにも対応
  • ポップアップブロックが良くできている
  • ファイヤウォールも分かりやすい設定。
  • スキャンしたファイルを覚えていて次回からスキップしてくれる
  • HTTPのトラヒックをリアルタイムでスキャン
  • ウィルス検知能力は高い。ブラクラもいい感じで避けてくれている。
  • 1時間に一度定義ファイル配布がある。(もちろんない時もある)

悪いところ

  • 値段がちょい高いめ。更新料はそれなりになる模様。
  • 一度だけ、NW系の通信試験をしていてブルースクリーンにあった(tcpip.sys)
  • デフォルト設定では通信速度が遅くなる(我が家では15Mbps→13Mbps)
  • デフォルトのファイヤウォール設定ではWindowsXP標準FWと対して変わらん。

ウィルス対策ソフト、いろいろテストをしたが結局カスペかNOD32のどちらかに移行しようと思います。

|

« またしても | トップページ | 第32節 大分戦 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/12732343

この記事へのトラックバック一覧です: McAfee、NOD32とKaspersky:

» ヒゲオヤジの威圧感。Kaspersky Internet Security 6.0 [SHODO(衝動)]
毎年11月にNorton先生からウザいアラートが。 アンインスコしようとしても ... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 00時45分

« またしても | トップページ | 第32節 大分戦 »