« RJ Leg2 | トップページ | キャリモテ? »

Vista preRC1 on X31

Microsoftから「Windows VistaのpreRC1をテストしろ!」とメールが来る。
RC1は評判がいいので期待。試すのはpreRC1 Build5536、試したPCは以下の通り。

  • ThinkPadX31 JHJ、Banias 1.4MHzメモリ1GB
  • NIC:1000BASE-T(Intel), 802.11abg(Atheros)
  • HDD20Gのうち10Gを利用。
  • GPUはATI MOBILITY RADEON
  • BlueTooth(ちょっとしたミスで認識失敗)

以前外付USBドライブにLinuxを入れるという事をしたがVistaの場合、USB/IEEE1394ドライブにはインストールできないようにチェック機構が入っているため今回は内蔵HDDにインストール。USB-CDからのインストールは問題なく完了。

インストール直後

Vpc_1

インストール直後はネットワークドライバ系とグラフィックアダプタがきちんと認識できていない。1000BASE-Tはかろうじて認識しているのでWindowsUpdateを実行すると全て認識。ただしBlueToothだけ私のミス?でデバイスとして見つからなかった。

必要なリソース

インストール直後のHDD利用容量はなんと8GB。10GBのパーティションではぎりぎり!メモリは起動直後で500MB近く利用。

Vdrivec

パフォーマンス

VistaといえばAeroGrass。で、このX31で使えるかどうかチェック。結果はなんと1点・・・AeroGrassを利用してない状態でも十分重い。メモリは1GBあるのだけどそういう問題ではない模様。

Vperform

そのほか

XGAは実用域ぎりぎり。Vistaを見込んで今PCを買う人はWXGA以上が賢明。
「終了」は電源Offではなくスリープが標準。次に電源を入れると5~10秒で復帰。Windowsはここまで安定したと言うこと?

残念ですがX31ではVista(preRC1)は無理ですね。XPが快適です。

|

« RJ Leg2 | トップページ | キャリモテ? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/11721487

この記事へのトラックバック一覧です: Vista preRC1 on X31:

« RJ Leg2 | トップページ | キャリモテ? »