« 大悟 キター! | トップページ | 玄箱DebianにUSBオーディオでmp3再生 »

玄箱DebianにUSBメモリ

Debianにした玄箱にUSBメモリ/USB-HDDを接続する。

今回利用したのは以下の2つのUSBストレージ

  • BUFFALO ClioDrive RUF-C256M/U2 (256M USB2.0)
  • 玄人指向 玄箱(2.5'HDDケース)に日立の2.5HDDを入れたもの

まず、必要なソフトとしてDOS用のファイルシステム関連をインストールしておきます。

aptitude install dosfstools

次にUSBドライバーとUSBストレージドライバーをシステムへロード

modprobe usb-ohci   ・・・USB1.1の場合
modprobe ehci-hcd   ・・・USB2.0の場合
modprobe usb-storage

USB1.1か2.0か分からないときはusb-ohciもehci-hcdも両方ロードしてもいいです。

この状態で(この前からでもよい)USBメモリ/HDDを接続すると/var/log/syslogに接続、認識されたメッセージが出ているはずです。

接続したUSBメモリ/HDDにパーティションが1つしか無ければUSBメモリ/HDDは/dev/sda1として認識しているはずなのでコレをマウントする。2つ以上ある場合は探してください(たとえば拡張フォーマットした2つ目のパーティションであれば/dev/sda5で認識されていると思います)。

マウントするときに気をつけるのは

  • フォーマットはFAT/FAT32かNTFSか
  • 日本語対応にすること(オプションを忘れない)

です。FAT/FAT32であれば「vfat」を、NTFSであれば「ntfs」をファイルタイプとして(以下例はvfat)

mount -t vfat  -o codepage=932,iocharset=euc-jp  /dev/sda1  /mnt/usb

としてマウントします。/mnt/usbはマウントしたい先。あらかじめmkdirで作成。

これで日本語でファイルは見えるはずです。fdcloneなどのファイラーを使っていれば見えるでしょう。

lsコマンドの場合は日本語は化けると思うので以下のようにlsにオプションをつけます。

ls  --show-control-char

ntfsは書き込めないかな。試すの忘れました。

使い終わったらアンマウント。

umount /mnt/usb

これで取り外せます。
ドライバもいらなければアンロードします。

rmmod usb-storage
rmmod ehci-hcd

このほかSCSIドライバなども読み込まれているはずなのでlsmodコマンドで確認してください。

|

« 大悟 キター! | トップページ | 玄箱DebianにUSBオーディオでmp3再生 »

Debian/Linux・玄箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/11289082

この記事へのトラックバック一覧です: 玄箱DebianにUSBメモリ:

« 大悟 キター! | トップページ | 玄箱DebianにUSBオーディオでmp3再生 »