« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

WRC2006

SUBARUからメールが来たのでついでにWRCについて。

最近スバル勝てないですね。マシンもタイヤもセッティングもだめみたい。ソルベルグもつらいでしょう。

しかもミシュランはBFにブランド変更してしまうし、ピレリは相当やる気なくしたかもしれないですね。そもそもスバルしか採用チームがないのがピレリにとっては痛い。三菱も突然になくなるし。プロドライブに至ってはF1参戦といってるし。

シトロエンとローブの圧倒的、安定した強さの前に他のチームが太刀打ちできない状況で(親会社のプジョーまで撤退するんだから)ラリーのおもしろさが半減している気がします。

スバル頑張れ!今年はラリージャパン、応援しにいきたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型レガシィ

新型レガシィの案内がSUBARUからメールでやってきました。

BE5C乗りの私としてはこの時期どうしても気になる話題。早速ホームページチェック。相変わらずSUBARUのFlashは秀逸なデザイン。洗練された雰囲気がとても好き。ちょっと重くて見るのに時間が必要なのがもったいないけど。

今度はD型になるのか?見た目はSpec.Bのフロントグリルが変わったのが目につくぐらい?あとSI-DRIVEっていままでのBL/BPにあったっけかな?正直スバルの年改はどこが変わったかHP見ただけではわからんですな。そういう細かい修正をするのがいいところだとはわかっているのだけど。

HPのプロモーションを勝手に解釈するとターゲットは30~40代のDingle世代。二人で暮らす皆さんにちょっと贅沢な車どうですか?みたいな感じですね。まさに我が家向け(笑)。BE5Cから乗り換えるにはもう少し情報と金が必要ですが。乗り換えるとしたら3.0Rか2.0RかGTか・・・そこも悩ましい。

ちなみに先々代のレガシィBGから先代レガシィBEに乗り換えた決定打は「試乗」でした。結構これにやられる人は多いみたいで。

それにしてもスバル/ProDrive、最近WRCが勝てないですね。ProDriveはF1参戦?・・・ローブが強すぎておもしろくない(笑)。プライベートチームに負けるなんて昔からのファンとしては意気消沈状態。インプレッサもなんか試乗が求めている車とかけ離れてしまった感じがするし(あのクラスの車だったらVWゴルフGTかポロGTが欲しい)方向転換が必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vimrc

ちょっとずつ昔からのTipsを記述していきます。

まずはvim用の設定ファイル、.vimrcに記述しておくと便利なコマンドから。

syntax on
キーワードをカラーで表示します。必須です。
set autoindent (ai)
改行時に自動でインデント処理(字下げ)を行います。
set smartindent (si)
さらに細かくインデントをします。インデントの上げ下げや{}、#などを識別します
set incsearch
検索時にインクリメンタルサーチを行います。お好みで
set ignorecase
検索時に大文字小文字を区別しません
set hlsearch
検索時にキーワードをハイライト表示します。解除するには「:noh」
set wildmenu
補完動作時に候補をメニュー表示します。
set number
行番号を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ページャをカラーにしたい

vimを使っているとページャもvimと同様にカラー表示したくなる。そんな人のためにvimはページャマクロless.shを持っています。Debianの場合は

/usr/share/vim/vim63/macros/less.sh

に入っています。他ディストリビューションの方は find / -name less.sh locateでもして探してください。見つけたless.shをaliasでlessにしておくと便利。

alias less='/usr/share/vim/vim63/macros/less.sh'

もちろんlessが入っている人は削除するか他の名前にするか考えてください。
これでファイルをlessすると、

less ~/.bashrc
Bashrc
のように表示されます。最下行にはパーセント表示もされます。
キーバインドはほとんどlessやvimと同じですが、

ヘルプ表示 h
ページ送り <SPACE>
ページ戻り b
1行送り <ENTER>
1行戻り  k
半ページ送り d
半ページ戻り u
文頭 g
文末 G
検索  / 
次検索 n
前検索 N
編集  v
終了  q

です。詳しくはhを押してください。
なお最終行にいき、さらにスクロールさせようとすると終了します。

ちなみにこのマクロではlsなどコンソールへANSIカラー出力するコマンドのカラー表示に対してはうまく動作しません。
この場合以下のようにlv本家lessを使うのがよいでしょう。lvの場合は、

ls -l --color  |  lv -c

本家lessであれば

ls -l --color  |  less -R

通常のLinuxの実装ではlsオプションは--color=autoだと思いますがここではエスケープシーケンスを出すためにわざと--colorにしています。

私はファイル表示やfdcloneにvim版less.sh、コンソールカラー用にlvを利用しています。

(追記)
カーソルキーも効くようにするためにはless表示をカラー化(2)も参照してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL Inspiron 6400

ちょっと前ですがDELL Inspiron 6400を購入しました。VisualStudioでの開発+VirtualPC用メインマシンとして利用する予定でした。いわゆるお祭り価格で購入したのですが、

  • Intel CoreDuo T2500
  • メモリー1GB(1GB×1枚)
  • ATI X1400
  • 15.4inch SWXGA+(1680x1050:ツルテカ液晶)
  • HDD 100GB

で約15万円(2006/3)。価格競争力という点では国内他社は全く歯が立たないでしょう。
以下ちょっと触った感想を。

液晶
ツルテカ液晶は結構きれい。写り込みも許容範囲。サンワサプライの液晶フィルタLCD-154Wを貼ってみたが空気が2カ所入ってしまったのと、液晶からの光をランダムに拡散し、逆に見づらいため剥がしてしまいました。

次に画面サイズ。SWXGA+は恐ろしく広いです。VisualStudioが快適そう。Excelで新規ファイルを開くとV列まで見えます。ただし文字が小さい。Google_1文字の小ささ?を事前に確かめたい方はこちらのEpsonDirectで。

120dpiに設定すればよいのですが(DELL出荷時も120dpi)InternetExplorerで画像が歪みます(画像参照)。 FireFoxでは問題なく、IE6、IE7βは横伸び拡大表示されます。(96dpiの時には問題ない)

IEは120dpiの時、文字サイズに合わせわざと画像も拡大しているのですがその際にアスペクト比を換算していると思われます。そのためワイド液晶のこの機種では横伸びする模様(追伸訂正:うそでした。縦横ともに1.25倍なのでアスペクト比ではなくdpiの問題。やっと画像歪みの直し方が判明しました。)

CPU+ファン
普段のメインはThinkPadX31(Banias 1.4MHz)なのでかなり速く感じます。ただ平常時は問題ないですが、高負荷時のファンが爆音。でも嫌な音ではなくドライヤーのsetの音をちょっと小さくした感じ(???)です。FMVも持っていますがFMVのファン音はものすごく耳障り。FMVの方はCeleronMなので常時ファン回りっぱなしで静かな環境には不向き。i6400はまぁ耐えられる音だと思います。

HDD
5400rpmですが十分な速さです。音も静か。

ATI Mobility Radeon X1400
FFのベンチマークをやりましたがまぁまぁです。ゲームはやらないのでオンボードでもよかったかも。X1400も発熱が多そうなのでファンが回りやすい原因だと思います。Vistaのための投資と思って気にしないことに。

キーボード
DELLのノートは何度か(会社で)メインで使っていたので問題ないと思ったのですがX31とは比べものにはなりません。ちょっと期待はずれ。

その他
ACアダプタは案外大きい。でも本体も大きいから気にならない。
音量ボタンは音量ステップが大きすぎるような。でもDVD再生中にこのボタン群は便利。

結局、このマシンは可愛い妹(元PC教室の先生)に奪われました・・・。妹も(私のお下がり)ThinkPad使いでキーボード重視派だったのですが、特に不満は言ってない・・・ということはなれれば問題ないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsMediaPlayer11 (WMP11)

WindowsMediaPlayer11 (WMP11)をインストールしてみました。

Wmp11a

ダウンロードはこちらから。まだベータ版&英語版なので嫌な方はインストールは控えた方がいいです。

安定度ですが、(まだ使用2日ですが)再生できないファイルは現状ありません。DivXなども問題なさそうです。アプリが落ちたこともないので問題なさそうです。日本語の扱いも問題ありません。

見た目はかなりCoolになりました。上のようにアルバムアートも出ますし、左のツリーもかなりシンプルになってます。

操作性もかなりよくなりました。いままですべてをツリーにしようとしたばかりにかなり検索性が悪かったのですがそれが改善されました。管理もアルバム単位やArtist単位など選べてかなり管理するのが楽しいです。

Wmp11c

ただ、同じAlbumなのに下のように分かれてしまうことがあります。

Wmp11b

たいていはアルバム名や年代、アーティスト名に若干の違いがあるためなのですが全く同じにしている(つもり)なのに上のようにくっつかないことがあります。Internet経由でアルバム情報を取ったとき、同じアルバム(=楽曲が完全マッチ)と認識されないとうまくいかないのかも。

また年代を「2005」といれても1つ減って「2004」と認識される不具合?があります。

ちなみにタスクバーに入れるとこんな感じです。

Wmp11d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

proftpd覚え書き(Debian sarge)

LAMP開発用サーバのファイル更新用にproftpdをインストール。proftpdにするおまじないをメモ。

設定ファイル = /etc/proftpd.conf

#DNSの逆引きを中止する
UseReverseDNS
  off

#Identプロトコルを使ったユーザ名確認を中止。
IdentLookups  off

#rootログインを許可・・・しない
#RootLogin  on

#ログイン時のデフォルトルートを決める。グループusersは許可、staffは非許可
DefaultRoot  ~  users, !staff

#localtimeを使用するように指定
TimesGMT  off

#ftpuserだけが/var/wwwにアクセス
DefaultRoot  /var/www  ftpuser

詳しくはこちらにDirectiveの説明がありますので勝手リンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VS.php

普段WWW-DB系の開発をする場合、私はPHP+MySQLで開発することが多い。
ただ、C++で開発することも多いのでIDE環境としてVSが使えるといいなとも思う。

ちょっと探してみたらVS2005へのPHPアドインがあるという記事があった。
vs.phpというアドインの模様。有料。ちょっとダウンロードしてつかってみようかしら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅サーバのセキュリティ:SSHとBIND9

やはりSSHへのログイン試行が止まらない。どうみてもロボットによる辞書アタック。
しょうがないのでSSHのポートをデフォルトの22/tcpから変更。やっと収まりました。自宅サーバの方はポートを変えるのが一番良さそうです。

次はBIND9。実質キャッシュサーバとしてしか使っていないためBIND9の必要は無いかもしれないが、フレッツスクエアへの誘導もやっているため現状はBINDしか解がない。
しかしログを見ると外部の方がうちのDNSを利用している模様・・・。なので申し訳ないが外部からキャッシュを参照できないように設定変更します。

ここで考えられる手は2つ。

1.Queryをローカルネットワーク(例:192.168.1.0/24)のみ許可とする。
na,ed.confに以下のように記述。

acl internal01 { 127.0.0.1; 192.168.1.0/24; };

options {
        allow-query { internal01; };
};

この場合は問題点が1つある。「すべてのQueryはローカルのみ」になってしまうので、外部に情報提供している場合はそれも拒否になってしまう。よってキャッシュサーバであればこれでよいがゾーンサーバとして情報提供している場合は外部から参照できなくなるのでだめです。

2.再帰的Queryをローカルのみに許可する。
BIND9(正確にはBIND8.2.1以降)であれば以下の「allow-recursion」が使える。

options {
        allow-recursion { 127.0.0.1; 192.168.1.0/24; };
};

「allow-recursion」を使えば再帰的問い合わせはローカルからのみ許可にして、非再帰的問い合わせは通常通り受け付けることが可能になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vsセレッソ戦

アルディージャ、引き分けでした。最近調子よかったのにちょっと残念。まだ残しているかな。

でも最近は代表の動きが気になる。海外組も一緒に練習しているみたいだし、是非第1戦は勝って欲しい!ヒディング監督は韓国に変なこといってるみたいだし。

最近は冬に痛めた膝の調子がいいのでまた練習を再会します。ほんとにトライアスロンにでれるほど体力回復できるかなー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士丸

丸の内oazoで富士丸君に会ってきました!!可愛いですね~

Wadakura_1 それよりもサイン会というものは初めてでした。初体験!
池袋界隈の書店で行列作っているのを端から見たことがあるのですが自分がサイン会に並ぶことになろうとは・・・。しかも1週間前に丸ビルデートを兼ねて下見に行く念の入りよう。関係ないですが私はあの近辺の和田倉噴水公園 (写真)がとても好きです。

それにしてもお二人ともお疲れでしたね。あんなに人がいたのでは疲れちゃうね。本当にお疲れ様です。懲りずにblogの更新、がんばってください。我が家にはすでに2冊ありますよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pound リバースプロキシ

今日もアルディージャ勝ちましたね!ナビスコカップは2連敗から二連勝で調子に乗ってきたかも。小林大悟選手がまた決めたみたいですね。

閑話休題
週末もトラブル対応。Cisco IPsec不具合とリバースプロキシ故障を同時進行。プロキシだけ以下にメモ。

iPlanetServerがイかれてしまって、急遽代替品を準備することに。SPARCは週明けにならないと用意できず代替でLinuxでpoundを利用。
poundのいいところは最初の設定を読み込んでからHDDへのアクセスが基本的にないこと(ログ出力はあるけど)。セキュアであることがうたい文句ですね。

今回実施したリバースプロキシーの条件は以下の通り。

  • グローバルIPは1つ。(仮に20.20.20.1)
  • ロードバランスを実施
  • 対象はWWWサーバ、httpのみ。
  • 対象ホスト名は2つ。(仮称でwww.host1.co.jp と www.host2.co.jp とする)
  • ファイル単位で振り分けはしない
  • フォルダ単位で振り分ける

という条件で重要な部分のみ設定例を書いておきます。

#グローバルIP「20.20.20.1」で80/tcpで待ち受ける<
ListenHTTP 20.20.20.1,80

#「www.host1.co.jp/aaa」は192.168.0.1へ
UrlGroup "^/aaa/.*"
HeadRequire Host ".*www.host1.jp.*"
BackEnd 192.168.0.1,80,1
EndGroup

#「www.host1.co.jp/bbb」は192.168.0.2へ
UrlGroup "^/bbb/.*"
HeadRequire Host ".*www.host1.jp.*"
BackEnd 192.168.0.2,80,1
EndGroup

#「www.host2.co.jp」は192.168.0.3へ
UrlGroup ".*"
HeadRequire Host ".*www.host2.jp.*"
BackEnd 192.168.0.3,80,1
EndGroup

#上記以外は192.168.0.4と192.168.0.5へロードバランス
UrlGroup ".*"
BackEnd 192.168.0.4,80,1
BackEnd 192.168.0.5,80,1
EndGroup

上の「UrlGroup」での指定はGETで渡されるファイル名を正規表現で記述したものと考えればいい。画像ファイルであれば".*.(jpg|gif)"のような書き方でよい。

HeadRequire Host」はHeaderで渡されてくるホスト名。ここも正規表現。VirtualHostのようなことがこれで実現可能。

悩んだのは「要求されたフォルダ名」と「転送先のフォルダ名」が異なる要望があったため。manを読む限りではこれは実現できないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンカップ、ナビスコカップ

最近、奥様は飲みにいってばかり。仕方がないので?炊事中。

昨日は久しぶりに泳ぎに行きました。膝を痛めて以来なので2ヶ月ぶり?2kmも泳いでないかも。ブレストができないのでフリーとドルフィンキックの練習ばかりでした。

そしてキリンカップ日本代表、ブルガリア戦。・・・ブルガリアもリードしているときは日本の攻撃練習につきあってくれているような、そんなうがった見方もしてしまいました。
プレスは間違っていないけど、決定力のあるFWが欲しいですね。ゴール前でごちゃごちゃやっているうちに点が入っているチームからの脱却。

かわりにアルディージャ、調子出てきましたね。今日は遠く名古屋でナビスコカップ1勝目です。がんばれ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BlueToothマウスと電池

MSのBlueToothマウス、なんか違和感があったのだけどその原因がやっとわかった。

それは重さだった。最初は「これくらいの重さなら」と思って使っていたけど細かな操作がしづらいのだ、この重さでは・・・。滑りのいいマウスパッドが必要なのかも。

そこで電池を2本から1本にしてみた。

Btmouse2

うごくじゃん、なんで?どういう設計してるの?この電池の入れ方は直列でしょ?

でも重さがちょうどよくなった。動かしやすいです。

MicrosoftさんもLogitecさんもBlueToothマウスをその後出してくれないけど是非新型を出して欲しいな。改善して欲しいことは、

  • モバイル用途に。重さと大きさをもう少し小さく。
  • 電池は単4を1本。クレードル充電はいらない。
  • 電源を切れるようにして欲しい
  • ノート内蔵Bluetoothで動くよう汎用的に
  • 動き始めのレスポンスアップ(現状は一昔前の無線マウス)

ぐらい。値段も半分ぐらいがいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DebianのCD/FDイメージ入手先

Debianでカーネル2.6の再コンパイルをしているのだけどかなり時間がかかる。ひまなのでSargeの最新バージョンを念のため入手の旅。

と思ったのだがDebian公式HPから辿ってもどこにあるのかさっぱりわからない・・・。
jigdoで取ってこいということか?NiftyはBitTorrent全然スピード出なくなったし・・・。

ありかは以下の通り。

●RING関連
FDのイメージあり。CDイメージフォルダー内はisoイメージがないですね。http://www.ring.gr.jp/archives/linux/debian/debian/dists/sarge/main/installer-i386/current/images/

RINGなので近くて速いRINGサーバに置き換えてください。
面倒な方はDNSバランスの以下の場所へ
http://www.dnsbalance.ring.gr.jp/archives/linux/debian/debian/dists/sarge/main/installer-i386/current/images/

●debian.org
FDイメージだけならwww.debian.orgにも。ただ、日付を見ると3.1r2用ではないかも。
ftp://ftp.jp.debian.org/debian/dists/sarge/main/installer-i386/current/images/floppy

●JAIST
CDイメージ。私の環境ではここが速いです。SourceForge日本)に参加してますね。感謝
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Debian-CD/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルディージャ、勝った!

やっと(失礼)勝った~!

昨年の天皇杯あたりから応援を始めましたが、最近はちょっと元気なし。

今回東京FC戦を迎えるにあたり、これまでのあまりの○○ぶりに、「味スタまで応援しにいく!!」と出かけたのですがなぜか気がつくと全然違うところへ外出(笑)。

帰ってきてみると、おおー、小林(大)選手、最後に決めてくれたんですね!ナビスコカップもがんばって欲しいです。

我が家はW杯モードに入ってきました。TVでもやっと特集始めたし。

今年は日本は1勝もできないかもしれない・・・F組は厳しい!オーストラリアに勝てるかどうか・・・。「1点も入れられずに予選敗退」という意見が世界では飛び交っているらしいですががんばって欲しいです。ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普段使うデジカメ

奥様からもらったデジカメ EXILIM S100Exs100s

もう旧型機だけれどもかなり軽くて持ち運びにもじゃまにならなくて便利。軽さは性能だと実感。

のはずなんだけど、あまり使ってない。なぜか・・・?
どうやら私のPC環境にあわないみたい。

  • S100のメモリーカードはSD。
    でも私のPCはCFスロット。もう1台持っているIXYはCFなのでそっちを使ってしまう。
  • 取り込むはクレードル経由。
    ノートPCなので普段はつないでいないので面倒・・・。IXYはCFで取り込み。
  • 充電もクレードルが必要(IXYは充電器がある)

ということでIXYを使ってしまう。いまはIXY800ISが欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VirtualPCで作成したLinux HDDファイルを圧縮する

VirtualPCのHDDファイル(vhdファイル)はどんどん大きくなる。

Windowsの場合はMicrosoftが用意している圧縮ユーティリティがあるのだが、Linuxイメージの場合はもちろんない。

海外のサイトで紹介されているCompacting the virtual hard disk of a Linuxではどうもうまくいかない。この方法は空き領域をzeroで埋めた後、MSのツールで圧縮するのだがMSのツールはext3などでフォーマットされたものは認識できない模様。

そこで以下の方法で圧縮できるのが確認できたのでご紹介。

0.前提条件+必要なもの

Debianで実験。
パーティションは/とswapのみ。複数ある方でもみればわかると思います。
GRUBの起動FDが必要。ない方or作るのが面倒な方はこちらにイメージをおいておきます。 ダウンロード bootgrub.zip (58.9K)

1.新しい仮想HDDの作成

まず新しい仮想HDDを作成し、2つめのドライブとしてVirtualPCコンソールで設定を行う。このドライブに新しいイメージができます。
追加の仮想HDDドライブは「バーチャルディスクウィザード」で作ってください。

2.VirtualPCのLinuxを起動

rootでログイン。
教科書通りにいえばinit 1としてシングルユーザモードで実行すべき。

3.新しいHDDを準備

パーティションを作る。
fdiskで/dev/hdbを作成。ルート用に/dev/hdb1、スワップ用に/dev/hdb2を作成。ここは人によって違うので自分の環境に合うように作成してください。

次にフォーマット。ここではext3で作成。
mkfs -t ext3 /dev/hdb1

/mntへマウントする
mount /dev/hdb1 /mnt

3.すべてのファイルを/mntにコピー

これにはdump/restoreコマンドを利用するため、ない場合は先にapt-get/aptitudeしておく。

aptitude install dump
cd /mnt
dump 0uf - / | restore xf -

最後に「set owner/mode for "."」と聞かれるのでy。これはファイルの所有権の話。

4.MBRを復旧

一度shutdown。
その後VirtualPCコンソールで新しい仮想HDDをPrimaryにする。いままでのものはもういりません。2つめは「なし」に設定。

GRUBのフロッピーを使ってリブート。GRUBのプロンプトは以下のように入力してHDDでリブートする。TAB補完可能。

root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.4.27 boot=/dev/hda1
initrd /boot/initrd.img
boot

カーネルのイメージ名は人によって違うと思うのでよく確認してください。initrdもカーネル再構築した人は使っていない可能性あり。

OKならHDDで起動できるのでrootでログイン。
MBRへGRUBをインストールして終了(/と/bootが同一パーティションの場合)
grub-install /dev/hda

4.swapを作成

swapパーティションを作る
mkswap /dev/hda2

/etc/fstabファイルを確認してスワップパーティションの位置が正しいことを確認する。もし違うようであれば/etc/fstabファイルを編集する。
swapを有効にするには再起動、もしくはswapon -aを実行する。
確認するにはswapon -sコマンド

これでOKなはず。

df -kとほぼ同等の大きさ(+スワップ)のイメージができると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PRADA

またまた我が家にやってきたPRADA.Pradawhite_1

ちょっと写りが悪いかな。

かなり可愛い。

そしてかなりお高い。

奥様大満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sshへのアタック対策

久しぶりに自宅サーバをメンテナンス。ログを見ているとssh関連のログが結構あることに気がついた。ちょっと解析してみる。

grep 'Illegal user' /var/log/auth.log | awk '{print $8}' | sort | uniq | wc -l
598

598人もの名前でアタックしてきている・・・
どんな名前か見てみると
grep 'Illegal user' /var/log/auth.log | awk '{print $8}' | sort | uniq

  • aa
  • aaa
  • aaron
  • abby
  • abe
  • abel
  • academy
  • account
  • acct
  • adachi
  • adam
  • adine
  • adm
  • admin
  • admin1
  • administracion
  • administrator
  • admissions
  • adrian
  • adrianna
  • adrianne
  • adrienne
  • advisor
  • agano
  • ageda
  • agents
  • agostino
  • ahmed
  • ai
  • aida
  • airparts
  • airservice
  • aizawa
  • akane
  • akimoto
  • akita
  • akiyama

など日本人名も含めて結構ある。またcannaやsamba、namedといったサービスで使われるものも多い。

パスワード認証はしていないので入られた形跡はないのだけどちょっと設定変更。

まず連続アタック(ピンポンダッシュ)を拒否。sshd_configの以下の行を変更

MaxStartups 2:80:5

これはIT Mediaの記事そのまんま。
あとはsshのポートを買えるのが一番有効かも。なにしろ自分しか使わないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MS Bluetoothマウス

Btmouse

愛機ThinkpadX31JHJにはBlueToothが内蔵されているのだ。

なにか活用できないものか常々考えていたがやはりはやりの無線マウスをBTでやるのが一番しっくりくるかな、と思いAmazonでMSのマウスを購入。

いいところ

  • 問題なくThinkpadと接続
  • ドングル(USBに接続するでっぱり)なしで無線マウスが使える
  • 重さも若干あるが逆に使いやすい。
  • ホイールがうねっとしてる?
  • なによりケーブルなしが快適!

気になる点

  • 電池。単3が2本。しかも電源を切るボタンがないので消費が速いかな。ここ3ヶ月で2回取り替え。
  • 個体差かもしれないけどホイールがちょっと重い。
  • WindowsXP限定。ユーザの選択画面になって初めてマウスが動かせる。
  • しばらくマウスに触らないと始動するのに1テンポ空く。これは省電力とのトレードオフなのでしょうがない。
  • 重い。大きいので持ち運びに不便。小さなBTマウスが欲しいよ>MS or Logi

電池の問題ははSANYOのeneloopで対応。実際安くあがるのかわからないけどECO感覚が大事かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VS2005所感

VisualStudio2005を使って見た感想です。

趣味のプログラマーならStd.EditionでOK

フリーソフト作るぐらいならMFCのスタティックリンクも使えるしOKです。ただしいくつかのツールがStdにはないので高度な開発をする人は注意かも(Spy++ぐらいはあります)

VCに関してはVC6の方が使いやすい?

かなり主観が入りますが、VC6が染み付いている身には2005は親切すぎます。もちろんビジュアルスタイルや新しいMFCが使えるのは利点ですがそういう用途はC#のほうが得意です。下にも書きますが今後VCはドライバやDLLなどを作る人向けに限られるのかもしれません。

.netやるならC#かな

VCの時代は時期Windows Vistaで終わるのかも。
C#で.netプログラムを作りましたがあまりに簡単。C++しかわからない私でもダイアログアプリぐらいはすぐ作れます。クラスライブラリ?を覚え直さないといけませんがそれに値する開発スピードを得られます。現状は.net2.0を入れなければいけないというハードルがあるのが難点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »