« Windows Vista beta1(Longhorn) on VirtualPC2004 | トップページ | VisualStudio2005 Standard »

ひかり電話 (RT-200KI)

Bフレッツとひかり電話が開通しました。

Bフレッツはハイパーファミリータイプ。大家さんに無理言って部屋までファイバーを引いてもらうことを許してもらいました。引き込みから部屋まですべて配管を通してもらっているので見栄えはよいです。
Bフレッツのスループットはフレッツスクエアで80Mbps程度。はやいねー。

ひかり電話はどんな装置が来るのかと思ったら「RT-200KI」という私も知らない装置。

RT200KI 型番から想像するにルータの気配。

ちょっとやばいか?

(写真は左から「玄箱」、「RT-200KI」、「Bフレッツ回線終端装置」)

うちはすでに無線LANアクセスポイント型のルータを入れているのでルータが2台になってしまう。最悪、今のルータはAPとして利用するか・・・など考えていました。

どうしようかと思って調べていたらRT-200KIは無線LANカードをレンタルしているようなので以下の2案を考えました。

1.RT-200KIに無線LANカードを挿してAP+ルータとして利用。
  無線LANカードはレンタル(手持ちのMelcoカードはNGだった・・・)
  今使っているルータは利用をやめる。

2.RT-200KIは単純にひかり電話アダプタとして利用。
  今までの無線APはそのままルータ+無線APとして利用。

2案で気になるのはRT-200KIとルータの接続方法。設定画面を見ると「PPPoEパススルー機能」があってデフォルトでOnになっている。よって今回は2案を採用!ここまで機能を持っていないと問い合わせ殺到するからねー。

構成は以下のとおり。
hikari

このRT-200KIルータ、かなり高機能。

  • LAN4ポートHUB、WAN1ポート
  • TELは2ポート(TEL1、TEL2)
  • PPPoEパススルー、IPV6パススルー、PPTP/IPsecパススルー機能搭載
    (PPTP/IPsecは複数セッション可能かどうか未検証です)
  • ルータとして利用可能(デフォルトでOn)。NATモード。
  • StaticNATももちろんOK(tcp/udpポート単位)。DMZ機能もあり
  • パケットフィルタも適度にあり
  • 無線LANはいまどきの暗号化はOK。無線LAN電話機に対応

ひかり電話開通後、電源入れたら電話は切り替わりました。音声通話の品質は上がりました。奥様も「変わった!」と驚いてます。いままでADSLスプリッタが入っていたので周波数が若干狭かったのかもしれません。

というわけでかなり満足。
でも引越しする予定なんだよなー。

|

« Windows Vista beta1(Longhorn) on VirtualPC2004 | トップページ | VisualStudio2005 Standard »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2371/7336681

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり電話 (RT-200KI):

« Windows Vista beta1(Longhorn) on VirtualPC2004 | トップページ | VisualStudio2005 Standard »